2010年9月11日 (土)

「ひだまりのうた」 と 「恋心」

私の大好きな、

神戸のビーズアクセサリー作家・幸(ゆき)ちゃん♪

昨年春に、

赤磐市の『カフェドグラス』

http://www1.odn.ne.jp/cao34500/

作品展

『ひだまり の うた 

  ~幸(YUKI)のビーズアクセサリー展 from神戸

を開催され、

わたくし金盛も

少しばかりお手伝いをさせていただきました。

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-c6ad.html

その

大好評をいただいた企画の

第2弾が!

この度なんと、

開催されることになったんです!!!

と、いっても

一日のみの限定開催。

超レアです^^

しかも場所は、

島根県益田市のレストラン『ボンヌ・ママン・ノブ』

http://www.bonne-maman-nobu.com/index.php?FrontPage

神戸と益田がつながります^^*

BONNE-MAMAN NOBU プレゼンツ

YUKI ビーズアクセサリー作品展 2010

ひだまりのうた vol.2

~神戸から「こころ」を繋ぐ、ぬくもりを届けます~

     2010年10月2日(土) 10時~17時

【詳細】

幸ちゃんのブログより↓

http://hidamari.no-blog.jp/kuukann/2010/09/vol_d64b.html

恵利ちゃんのブログより↓

http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-4605.html

私は残念ながらお仕事で

この日はお伺いすることができません(TTT_TTT)が

恵利ちゃんとアリー先生が

しっかりサポート^^

きっと

素敵な作品展になることでしょう。

幸ちゃんの作品には

チカラがある。

そして、

生きる喜びやいとおしさにあふれ

やさしさで満ちている。

触れていると

こころがじんわりあたたかくなります。

お近くの方は、是非、お出かけくださいませ☆

そんな彼女から、

作品展開催のご報告と共に

素敵な贈り物が届きました。

2010091301310000

ジャンベ奏者 kackey@dabigtreeさん

http://kackey.iza-yoi.net/pc.htm

二胡奏者 木村ハルヨさん

http://music.geocities.jp/le_pitone/

からなる

「伐娑羅 -BaSaLa-」(http://www.basala.jp/

のファーストアルバム

『恋心』。

幸ちゃんは

木村ハルヨさんとお知り合いなのだそうです☆

CDをかけてみると・・・

その音楽はどれもとても魅力的で、

特に

アルバムタイトルにもなっている『恋心』は

優しい言葉で綴られた歌詞が心にすうっと流れ込んできて、

泣いてしまった。

あったかい気持ちがあふれて。

ど真ん中だった。

ありがとう、幸ちゃん☆

大事にするね!

それから何度かリピートして、

なんとか皆さんにも聴いてもらえないかと

youtubeで検索したら、Hit!

http://www.youtube.com/watch?v=7gGFgdfIFRs

今年3月のライヴのものみたいです。

ライヴでは二胡の音色がのびやかに響いて、すごく素敵。

歌声も。

また、泣いてしまった。

幸ちゃんは

この曲を聴いたとき、

私に贈りたい、と

感じてくれたんだって。

なんて嬉しいこと。

そしてそれをすぐに実行に移せる幸ちゃんを尊敬します。

しあわせすぎる。

ありがとう、本当に。

とても勇気付けられる出来事だった。

どうぞ

そんな幸ちゃんを知ってください。

まっすぐに

日々一生懸命に生きている彼女を。

その生き方を。

作品展

『ひだまりのうた vol.2』は

10月2日(土)開催です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

夏の雲は忘れない

女優達による朗読劇

『夏の雲は忘れない  ヒロシマ・ナガサキ一九四五年』

http://arsk.jp/event/2010_natsunokumo.html

に行ってきました。

実は先月、

倉敷演劇鑑賞会主催による朗読のワークショップがあって、

出演する女優さんが指導をしてくださる、と

たまたま知り合いからご案内をいただいたので

朗読教室

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/chihiro_school_2.html

の生徒さんたちと

参加をしていました。

ちょうど仕事が入らなかったので

本公演も

観ることが出来ました^^

戦争に関わるものは

どうも苦手意識があって。

きっとワークショップがなかったら

観ていなかったと思います。

それと

朗読劇、というもの自体にも興味があり、

勉強を兼ねて、

でした。

なので

語られる手記の内容よりも

語りの実際、の方にばかり気を取られて聴いていました^^;

出演なさっている方々は

みんな

大女優クラスの方で。

迫力のステージでした。

特に

一篇の詩を数行ずつ読んでいく場面は、

全員の呼吸が驚くほどぴたりと合っていて、

間合いが

まるで一人の語りのように聴こえるくらいでした。

あれはすごかった。

今回の公演は

マイクを使っていなくて。

なのに

芸文館の会場いっぱいに声は届く。

想いも、届く。

訓練ですね。

見習わなくちゃ。

行ってよかったです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

アブナイ

あやうく笑い死ぬところだった・・・

友人のブログで発見。

衝撃です。

「バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件」

http://www.youtube.com/watch?v=-0jCWkM15ag&feature=player_embedded

ひー。

お腹いたい、涙出た。

テレビでやってたらしいんだけど・・・知らんかったわ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

益田ランチツアー

念願叶って、

島根県益田市にあるフレンチレストラン

『BONNE‐MAMAN NOBU』さん

http://www.bonne-maman-nobu.com/index.php?FrontPage

へ!

朗読会・相棒の恵利ちゃんと、

トド・アシカ夫妻、

サザエさん・benさんと私の6人で、

日帰りランチ、強行軍です☆

とはいえ~、

行きは備中高梁駅でトドさんちの車に拾ってもらって、

帰りは

披露宴司会のため前日から益田に居た

恵利ちゃん号に便乗^^

いちばん若造の私が

いちばんラクチンしてしまいましたm(__)m

トドさま、恵利ちゃん、ありがとうございました!

『NOBU』と恵利ちゃんのつながりについては

コチラを参照↓

http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_9ca8.html

その後恵利ちゃんは、

この『NOBU』でのレストランウェディングの司会を

依頼されるようになり、

定期的に倉敷から通っているのです^^*

そんなご縁で、

昨年春の

ビーズアクセサリー作家・幸ちゃんの作品展に

心のこもったお料理を届けてくださったり

http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-83b1.html

昨年末の

「夢空間はしまや」さんでの朗読会では

お客様へのお土産を作ってくださったり

http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-04b9.html

と、

私自身もいろいろお世話になっています。

だから

やっと伺うことが出来て、すごく嬉しかったです♪

お店はこんな感じ。

Img_5806  扉の向こうに見えている青いものは・・・

そう、空と海です!Img_5804

          トドさん、車降りたらサングラス外してください。

                       ちょっとコワイです(笑)

白を貴重にした店内。

テーブルのあしらいも爽やか。

Img_5838 この窓からの景色は

見渡す限りの水平線。Img_5862 見事です。

芝生の庭も気持ち良い。Img_5908

瀬戸内海にはない開放感と爽快感で。

みんなも楽しそう♪ Img_5904 (シェフ家族と一緒に☆)

思わずはしゃいでしまいます^^*

     Img_5902建物に映ったるのをパチリ♪)

お食事をいただいている間、

表で

来月結婚するカップルが前撮りしていた

Img_5865 のに触発されたみんなに、

ほらほら、鐘があるよ~鳴らしたら?

と、けしかけられたふたり・・・。

Img_5941 撮りますよ~

      ハイ、チーズ Img_5944    

って。(汗)          ごめんねbenさん、載せちゃった^^;

なんかいろいろ楽しかったです☆

さて気になるお料理ですが、

すご~くすご~く美味しかったです!!!

いただいたのはNOBUランチ。

前菜Img_58522  スープImg_5857  

メインは魚か肉を選んでImg_5868 Img_5873

Img_5880 このパンもあなどれない。食べすぎちゃう^^

デザートとドリンク付きImg_5883 大満足~♪

どれも、

愛情と

シェフの優しい人柄が感じられるお味でした^^

ごちそうさまでした!

シェフと奥様とも

少しお話ができました。

大変な苦労をなさったのに

こんなキラキラ輝く笑顔でいられるなんて素敵。

いや、

だからこそ、なのかな^^*

お逢いできて光栄です。

ありがとうございました!

グラスの棚に幸ちゃんの見守りカエル発見☆

Img_5926 店内にパワーを送っていました^^

さてさて今日はもう1軒、

行きたかったお店に

恵利ちゃんが連れて行ってくれました。

『モヌッカ』さんと『田中葡萄園』さん。

http://www.monukka.ecweb.jp/index.html

葡萄栽培とパン作りに取り組むご家族が経営しています。

Img_5836 Img_5832 Img_5825

ここのコンフィチュール(ジャム)を

以前恵利ちゃんに頂いて以来、ファンです。

フルーツソースのように水気の多いジャム。

特に葡萄のコンフィチュール大好きなのです!

今日はベリーミックスを買いました☆

そんなこんなで

すごく充実した日帰りランチツアー終了です!

みんなと同じ時間を素敵な場所で過ごせて

幸せでした。

ありがとう~☆

この日の様子こコチラからも↓

(恵利ちゃん)http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-333f.html

(トドさん)http://farm-todo.cocolog-nifty.com/diary/2010/05/post-7023.html

(アシカさん)http://ashica.blog73.fc2.com/blog-entry-989.html

(サザエさん)http://blog.livedoor.jp/kibikoboyui/archives/51822248.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

勝山散策

今日は、勝山におでかけです♪

友人のsa_ya夫妻を誘って、

のつもりが、

気づくとすっかり

勝山に詳しいsa_ya夫妻に案内してもらって、

て感じになってましたが^^;

おかげで満喫できました!

ありがとう、sa_ya。しょうちゃん。♪

勝山といえば、

昨日ご一緒したコスミック・ガーデンの妹尾さんが、

こだわりの美味しいお蕎麦やさんを

教えてくださったのですが、

sa_yaたちもランチのお店を考えてくれていたので、

お蕎麦やさんは次回のお楽しみに取っておくことに☆

きっとこのお店 『一心庵』 ↓

http://r.tabelog.com/okayama/A3303/A330302/33000099/

sa_yaおススメ店 

『PIZZERIA IL TAVOLO』 Img_5652

http://www.shokokai.or.jp/33/3321411002/index.htm

ピザもパスタもデザートも美味しかった~☆

Img_5635 Img_5632 Img_5649

大満足です^^

さていよいよ

勝山に到着です!

Img_5654

勝山の町並み保存地区。

http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/3/25/

ずっと来たかった場所でした。

古くは

出雲街道の要衝として栄えた所だそうです。

倉敷美観地区周辺の、本町東町通りを思わせる。

よりも、

矢掛の方がイメージ近いかな?

広々と開放感もありました。

日用雑貨のお店や工房も多いのですが、

どこも入り易い!良いことです^^

そして、一番の特徴は「暖簾」。

てことで、

暖簾コレクション↓ クリックしてね

Book1

まだまだいっぱいありました☆

町を盛り上げたい、という皆さんの願い。

みんなのベクトルが同じ方向に向いているようで、

なんだか清々しい。

さて今日の一番の目的は、

これらの素敵な暖簾を手がけられた加納容子さんのお店

『ひのき草木染織工房』さん。

http://hinoki.exblog.jp/

     しまった肝心の写真撮り忘れ(汗)

いろいろな分野の作家さんの作品が展示販売されている

素敵なギャラリーでした☆

ここで開催中なのが、こちら。

Photo  Photo_2

カワベマサヒロ作品展 『抑揚』

http://hinoki.exblog.jp/13124016/

彼の作品は、児島のアラパープでしか

見たことが無かったのですが、

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-e4bd.html

展示場所が違えば、また雰囲気も異なって感じました。

今回は許可を取る相手(本人)がいらっしゃらなかったので

写真撮らなかったから、

比較しないと分かりづらいですが、

とても対照的な空間なのに

どちらにもしっくり馴染んでいて。

本当にチカラのある作品とはそういうものなのかもしれない

と、思った。

どんな空間も自分のものに出来るというか。

すごいな^^*

今日は3人それぞれ、

今の自分に必要なものを

このギャラリーでお買い物しました。

Img_5677

私も、お守り代わりに願いを込めて^^*

さて、

しばらく歩き回ったのでひと休憩。

この石段の先にある、Img_5663

『カフェ うえのだん』へ。

http://www18.ocn.ne.jp/~hishio/cafe.html

『勝山文化往来館ひしお』の中にあります。

「ひしお」は「醤」。

醤油蔵を改築して出来た建物です。

てことで大きい醤油樽が。

て。

お~い、しょうちゃんなにしてんの(汗)

Img_5718

そうそう、今日はこどもの日でした。Img_5691

                 思わず笑顔になりますね^^v

ゆっくりお茶をいただきながら

の~んびりあれこれ話をして。

勝山は時間の流れがゆっくりな気がする。

じんわり、癒される。

な~んか、良い時間だなぁ・・・。

その気分でゆっくり石段を下りながら

睦まじいsa_ya夫妻の後姿を眺めていると

胸にあたたかいものが込み上げてきて、

思わず足が止まった。

Img_5719 ふたりは気づかず下りていく。Img_5721_3

なんだろう、

嬉しくて仕方ない。

このふたりが、お互いを

かけがえのない生涯の伴侶として認め、

日々の暮らしの中で確かにそこに存在し合っていて。

そう、まぎれもないこれは彼らの日常のひとコマ。

その何気ないしあわせが

ふと私のココロに響いた。

そんな感じ。

だけどなんだか照れくさくて

ふたりに追いついたあとも何も言わなかった^^

さて今日は目的がもうひとつ☆

帰りにみんなで『ルネスホール』Img_5728  内の

『公文庫カフェ』Img_5730

http://www.renaiss.or.jp/modules/cafe/)へ。

Img_5729 ただ今の開催は

          『上西竜二 油絵展』。

3月に『テトラへドロン』で開催していた個展

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-30a4.html

第2弾です♪

こちらも許可を取る相手がいなかったので

写真は無いけど、

こちらもカワベさんと同じく

前回と全く異なる空間なのに、どちらにも馴染み、

元々そこにあるべくして存在している、

という印象の作品ばかりだった。

きっと、

チカラがあるから。

彼の作品を見ているといつも思う。

私もそうありたい、と。

上西さんの作品は、いつもたくさんの気づきをくれる。

カフェを出ると、すっかり日が落ちていた。

Img_5733

夜のルネスって、なんか好きなのよね^^

               Img_5736

あー。

にしても、

今日はよく遊びました^^

とことん付き合ってくれたsa_ya夫妻に感謝。

嬉しい発見もいろいろあったし。

充実した一日でございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ヤギ♪ヤギ♪

  今日は、ラジオのお仕事でお世話になっている

住宅メーカー『コスミック・ガーデン』(http://cosmic-g.jp/

の皆様と、おでかけです!

信念を持って家づくりをなさっている会社で、

社長と一緒に出演させていただいているのですが、

そのほか

何度か番組にも出ていただいているスタッフさん達とも

今日はご一緒できるとのことでわくわく♪

しかも、

行き先は、

冬にゲスト出演いただいた、

『ルーラル・カプリ農場』(http://www.yagimilk.com/)さん。

あったかくなったらみんなで行こうねって

コスミック・ガーデンの藤井社長と話していたのですが、

つい実現しました!

ヤギたちと触れ合える農場なのです^^*

楽しみ~☆

でも、集合時間が随分早いなぁ・・・?

と思っていたら。

なんと

農場の前に、以前にも連れて行っていただいた

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-93c8.html

『瀬戸山荘トリオ倶楽部』で

ランチをしてから行きましょう、ですって~☆

嬉しすぎる。

テンション上がります^^

前回うかがったのは、秋。

一方、

初夏の瀬戸山荘は

さわやかな新緑の中に佇んでいました。

Img_5462 (建物の裏手)

オーナー・ななさんの、やさしい笑顔に迎えられ。

今回も

美味しいお料理を

お腹いっぱいいただきました~♪

Img_5463  Img_5472  Img_5467 ノンアルコール☆

Img_5474  Img_5479  Img_5480

Img_5484  Img_5505

丁寧に手作りされた

自家製ベーコンやソーセージはもちろんのこと、

野菜もめちゃくちゃ美味しかったし、

メインのチキンもジューシーで、

すべてが感動モノでした!

愛情を感じるお料理たち。

最後にオーナーご夫妻と記念撮影。

今日もしあわせなひとときを、ありがとうございました!

Img_5528 そうそう、

右端の女性、『コスミック・ガーデン』スタッフの岡本さんは

先月末で退社をされたんです。

今日はそんな彼女の慰労、

という意味合いもあったようです。

これから、今までと全く違う

新しい世界に飛び込んで行かれるとのこと。

その決断を、スタッフみんなが応援していて。

ほんとあったかい会社です^^*

私も番組を通じてたくさんお世話になりました。

本当にありがとうございました!

これからもがんばってくださいね☆

さてさて、

お腹も満たされ、いよいよ

『ルーラル・カプリ農場』へ!

駐車場の前にはこんなスペースがあって。

Img_5620

ここに、小型のヤギをはじめ、

ウサギなどのちいさな動物たちがいて、

直接触れ合うことが出来るんです☆

屋根もあるから天気に関わらず遊べますね。

次から次へと途切れることなく

家族連れがやってきて、賑わっていました。

ヤギもいろんな色や模様の子がいるんですね。

真っ白にーImg_5571  真っ黒。Img_5546

まだらにImg_5594  グレー。Img_5549 おっと失礼^^;

こんなニヒルな奴もいた!Img_5543  ちょっとコワイ。

コワイといえば、君。

Img_5605  歯、が、出てますよ・・・。

いや~いろんな個性があって楽しいわ^^

ちなみにこの子は Img_5552

手を近づけてみたら、くんくん、ペロペロ。

Img_5559  くぅ~ったまらん!口元が可愛すぎ。

ほんと、

ここの子たちはみんなとっても人懐っこくて。

きっと、

大事に愛情かけて育てて貰ってるからなんだろうな。

右後ろ足がちょっと悪いこの子はImg_5566

藤井社長のことがお気に入り。

ず~っとず~っと傍に居て、延々と

なでなで撫で撫で、してもらっていました。

Img_5569  で、しまいには、この表情。Img_5591

「んふ。い~でしょ~♪」

って言ってるように見えるのは私だけ?(笑)

ヤギたちとたっぷり遊んでしっかり癒された後、

坂道を登って売店へ。

Img_5617

オーナーの小林さんにご挨拶。

ご出演以来でしたが、お元気そうで安心しました^^

ここでは

ヤギミルクヨーグルトのソフトクリームを

いただきましたが、

さっぱりとしていて、すごく美味しかったです^^*

Img_5618 食い気が勝って写真ナシ。まんまと。

ヤギミルクは

人間の母乳にとても近いのだそうです。

牛乳でお腹痛くなる人も、

ヤギミルクなら大丈夫って方、多いんだって。

可愛いし、美味しい。お腹にもやさしい。

ヤギ、いいですね~。

も~、超癒しスポットですよ、ここ。

すっかり気に入ってしまいました。

ちょっと道がわかりにくいですが、是非お出かけください。

いろいろな種類がいるので、

ほぼ年中、子ヤギにも会えるみたいです☆

と、いう訳で

今日はとっても大満足な一日でした!

藤井社長はじめ

コスミック・ガーデンのみなさま、

本当にありがとうございました!!!

スタッフ・妹尾さんのブログ↓

http://cosmic-g.jp/hayato/post_264.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

アフリカの夜!

熱~い熱~いライヴに行ってまいりました!

Omote  Ura  (クリックしてね)

『アフリカの夜 vol.3』   @森の邸宅 彩音~アノン~

あまり事前情報を与えられず、

とにかく

アフリカからすごいプレーヤーが来るから

絶対間違いなく楽しい!

とご案内いただき、楽しみにしていたのです^^

そのアフリカからの

ムサ・タンガ・カマラさんがほんとにすごかった!!!

白い歯がまぶしい、笑顔のチャーミングな青年ですが、

演奏している時のあの圧倒的なエネルギーは

一体どこから来るのか。

一緒に演奏していたFE NENEの皆さんの

パワーと相俟って、

彩音の空間を満たし、包み、

熱を発しながら

それ自体がひとつの生き物であるかのように

同じ呼吸をしていた・・・。

後に残るのは

心地良い疲労感と高揚感。

ストレスさようなら~って感じ(笑)

楽しくて、酔いしれて。

ほんとに行ってよかった!

と。

彼らの”魅せるパフォーマンス”にも感動しました。

エンターティナー。

これぞまさに、プロフェッショナル。

すごく勉強になりますね。

特に女性陣がカッコ良すぎて、もう。

目が釘付けでした。

またどこかで彼らに出逢いたい。です。

一緒に行った友人も大興奮で、

ライヴ後、夜ご飯しながら

不思議なテンションで延々と語り続けました^^;

素敵な夜を、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ジブリ美術館

以前KCTで放送していた番組

『何を描く僧 ほほえみ堂』

熱烈なファンで、

番組終了後も

出演者やスタッフのことを応援し続けてくださっていて、

私のことも、

娘のように可愛がってくださっている

ご夫婦がいらっしゃいます。

そのご夫婦の息子さんが、

『スタジオジブリ』で活躍中です^^*

山下明彦さん。

「ハウルの動く城」で作画監督、

「ゲド戦記」で作画演出、

「崖の上のポニョ」では作画監督補、

今年夏公開の「借りぐらしのアリエッティ」では

再び作画監督を務められるのだそうです☆

http://blog.karigurashi.jp/index.php?UID=1262592000

ご本人とは一面識もありませんが、

私の大事なお父さんお母さんの息子さんだから

勝手にお兄ちゃんのように感じているので、

ご活躍が誇らしいです。

そんな山下明彦さんの

初監督作品「ちゅうずもう」が

三鷹の森ジブリ美術館で上映されていて、

それを見てきたと、

お母さんからお土産と共にパンフレットが届きました♪

Image1591 読んでみると、

       この短編映画、すっごくおもしろそうです!

ジブリ美術館に行かないと見られないそうですよ。

しかもこの美術館、予約制なんですねぇ。

レアです。

お出かけになるご予定のある方は、

上映スケジュールなどをご確認いただいて、

是非ご覧ください^^

あぁ私も行きたい(><) 是非、見たい。

「ちゅうずもう」について、こんな記事見つけました ↓

http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201001100094.html

ちなみにお土産はクッキー。可愛すぎます。Image1631

入れ物の缶だって、ほら ↓

Image1471  Image1571  Image1501

ざ・ジブリって感じ    側面       裏にも・・・

超テンション上がります☆

お母さん、ありがとうございました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

上西竜二油絵展

今日は

岡山市表町の

『アートスペース テトラへドロン』

http://tetorak.hp.infoseek.co.jp/)へ。

今年1月に

倉敷での大きな企画展

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-b0b7.html

に参加されていた、

画家・上西竜二さんの個展が、現在開催中です♪

http://tetorak.seesaa.net/

細密描写を得意とする上西さん(http://uenishi.info/

が手がけるのは

静物・風景・人物・抽象・・・と様々。

ひとつのイメージに納まろうとしない挑戦の姿勢が

見て取れます。

Img_5206  Img_5193

彼の作品は、見飽きないんです。

何時間でも

近寄ったり離れたりを繰り返しながら、

じっくりしっかりと観賞したい、と思わせます。

この凛とした空間に

どっぷりと身を浸したい感じ。

そしてやはり息を呑むのが

その

表現する技術の高さ。

リアリズムを極めた細かい描写で

写真よりも本物に近いと感じる作品ばかりです。

これ本当に油絵ですか?

と、いうより、

油絵って、こんな風に描くことができるんですか???

素人の私は

ざっくりした投げ掛けをするのが精一杯。

驚きです。

どこまでも美しく、

静謐でいて存在感のある絵画たち。

じんわりと胸に込み上げてくる

このなんともいえない感覚を、人は”感動”と

いうのでしょうね。

一体どれだけの手数を重ねれば

この仕上がりに辿り着くんだろう。

気が遠くなるほどの作業は、

強靭な集中力でもって

全身全霊を傾けなければ

成し遂げられないものではないのだろうか。

自身の仕事に対してここまで熱くなれる、

その覚悟には、ただただ尊敬です。

油彩画としては2年半ぶりの個展、とあって

会場には

大勢のファンが訪れていました。

そんな方々に

丁寧にご挨拶や説明を行っている上西さん・・・

と、

手になにやら黒い布が。 Img_51903

正解は、

こう広げて・・・ Img_51872

Img_5185  妖怪ぬりかべになる。

じゃなくて(笑)

映り込みを防いで見やすくする工夫です^^

額にアクリル板が入っているため

濃い色調の作品はどうしても

周囲の景色や自分の姿が映り込むんですね。

以前、

アクリルを嵌めていなかった時代に

作品を直接さわる方が続出したらしく、

 (おそらく、作品があまりにリアルなので

    本当に手で描いた物なのか

      思わず触れて確かめたい衝動に駆られる、

            のではないかと私は思う^^;)

以来、やむを得ず

アクリル板を使うようになったのだとか。

伺っていると

一部にご批判もあるようですが、

私は

場合によっては面白味もあるんじゃないか、と、

全部の作品を時間をかけて見ていくうちに

ふとした瞬間、気づいたんです。

――『作品には取り繕うことのできない

     その時の「私」が現れる。』 (フライヤーより抜粋)

作者の【ありのまま】が現れた作品を、

そこに映り込んだ自分の姿を透かして見たとき。

無意識に

その時の私自身のありのままの心持ちを

一緒に絵の印象に落とし込んで感じているような気がした。

だから、

同じ絵を見ても

一人ひとりが違う感覚を持つんじゃないのかな、

なんて。

反対に、

映り込みのない

キャンバスそのものを展示した大きな林檎の作品は

他の絵と比べると Img_5198_2

すごくフラットな感覚で、

雑念なく

作者と向き合えるような気がしたから。

あくまでも

私個人の漠然とした勝手な捉え方ではありますが、

ご本人に伝えると、面白いねって笑っていました。

落ち着く空間で

とても興味深く、心動かされる展覧会。

会期はあと2日間です♪

2010tetora_dm  上西竜二 油絵展

             @テトラへドロン

        10:00~19:00(最終日は~16:00)

         ~3月29日(月)まで

                是非おでかけください^^*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

北東北!

倉敷音楽祭の季節です!

今年は「北東北交流フェスティバル」

http://arsk.jp/event/m_fes_24.html

岩手・秋田・青森の文化芸能が堪能できる催し満載。

今日は一日

芸文館付近で過ごしました^^

パフォーマンスバンド響

http://www.warabi.jp/hibiki05/index.html

のステージを観て。

Img_5011

正部家ミヤさん

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hitosite/hs_hs_07111001.htm

の遠野の昔話を聴いて、

盛岡さんさ踊り(http://www.ccimorioka.or.jp/sansa/

Img_5034

に、

劇団わらび座(http://www.warabi.jp/

の公演。

も~おなかいっぱい(笑)

他にも気になるものはあったのですが

体力がついていきませんでした^^;

ジャンルは違えど、

それぞれのステージでキラキラと輝く彼ら。

「生きている」って

こういうことなんだな、と思った。

かなり元気をいただきました!

ありがとうございました☆

Img_5058 交流会にお邪魔しました^^

くらしき春宵あかりも開催中でImg_5075

夜の美観地区も、風情を楽しもうと

大勢の人で賑わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧