2010年8月 8日 (日)

虹♪

市内のクループホームに

夏祭りの司会に伺いました。

ありがたいことに毎年お声をかけていただくので、

スタッフさんも

入所者さんも

懐かしいお顔でいっぱいです^^*

このお祭はよく雨に見舞われるのですが

今年はなんとか大丈夫そう?

と思ったら

開始少し前になって

辺りがど~んより・・・

ぱらぱらっと夕立が来てしまったのですが。

ほんのちょっぴり降っただけで済み、

こんな素敵なプレゼントが!

Image393  虹♪(クリックすると大きくなります)

しかも

良く見ると、うっすら二重ですよ♪♪♪

肉眼だと結構ちゃんと見えました。

なんかうれしくなっちゃった☆

始まる頃にはもう見えなくなっていましたが

お祭は

ご家族や地域の方たちもいらして今年も大盛況。

賑やかな楽しい時間でした^^*

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

愛鈴 インストアライヴ!

今日はお仕事で

岡山OPAにある『タワーレコード岡山店』へ。

倉敷出身のアーティスト「愛鈴」(えり)さんの

インストアライヴがあるのです^^

以前勤めていた会社で

彼女のお父さまに随分お世話になっていた関係で

お声をいただき、

馳せ参じました!

Mountain Top Music所属の「愛鈴(えり)」さんは、

倉敷の高校を卒業後、声優を志して上京。

声優に、劇団の女優、

ラジオパーソナリティーに、歌手、

と幅広く活動中。

インディーズなのでご存じない方も多いでしょうが

メジャーめざしてがんばってます。

初めてお逢いしたけど、

とっても明るくて飾らない、

面白くて可愛らしい方でした^^*

昭和の時代を1年しか生きていない平成っ子なのに

昭和歌謡にめっちゃ詳しい。

大好きなんですって。

ラジオではマシンガントークとともに

歌いまくってます。

(インターネットラジオ「レディオガガ」でOA

   『走れヘッドライト』http://www.radio-gaga.net/index01.html

なのに自分の歌はロックです^^

春にリリースされたコンピレーションアルバム

『E=mc2』(http://www.radio-gaga.net/index01.html

に、

作詞を手がけた楽曲が収められています。

今回は

そのアルバムを引っさげての、地元初凱旋ライヴ!

インストアライヴ自体どんなものか分からなかったので

少し心配していましたが、

タワレコの担当の方が丁寧に教えてくださって

無事に終わりました^^

無事を通り越して

大成功だったんじゃないかしら☆

タワレコの担当の方も

今までで一番お客さんが多いって驚いていましたし、

(100人はいたと思う)

CDもほぼ完売で。

よかった~♪

彼女の友人や知人も大勢いらしていて、

そんなみなさまに支えられていることを実感できて

愛鈴さんもほんとに嬉しそうでした^^

前もってCDで歌は聴かせていただいていたのですが

生で聴くと、

すごく迫力があってカッコ良かったです!

これからの彼女が楽しみ~♪

応援してます☆

当日のライヴの様子はコチラから↓

『愛鈴のRock you wild!』

http://wildrose08.exblog.jp/14075526/

タワーレコードの皆様、

愛鈴さん、

お世話になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

泣菫さんを歌う

先日ご紹介した、

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-0706.html

泣菫さんの詩を歌うコンサートがありました。

ムズカシイ泣菫さんの詩が、

やわらかく耳に届いて。

すんなりとその世界に入っていけたような気がします。

演出も様々で、

飽きることなく楽しめて。

あっという間にもうお開き?という感じでした^^

終わった後で。

これを機会にもっと泣菫さんの詩に親しんでいきたい

と、

気づくと素直にそう思っている自分がいましたね。

せっかくいただいているご縁ですから。

もっと大事にしなくちゃぁ。

いろんな気づきのあった一日でした。

関係者の皆さま、

本当にお疲れ様でした!

ありがとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

おめでとうございます☆

今日、

私の大好きな先輩が、お嫁に行きました^^*

私が会社を辞めた後も

いつも気にかけてくれていて、

もう8年にもなるとだんだんと同期の子たちとも

連絡が薄くなっていく中でも

繋がってくださっている人。

師匠であり、姉であり、友人でもあるような。

大事な人です。

その披露宴の司会をさせていただくことが出来て、

何ともしあわせでした☆

任せていただいて、本当にありがとうございました!!!

ひとつ残念なのは、

内容が濃くてバタバタだったので、

一枚も一緒に写真を撮ってもらうことすら出来なかった(><)

まぁ

記憶に留めているので

良しとします^^

披露宴も、和やかで華やかな、

笑いもありの楽しいものとなりました!

お嫁に行った先がお寺なので

大変なこともあると思いますが、

どうか頑張ってください!

そして、

末ながく、お幸せに♪

Img_4509

  急遽参戦となったブーケのリボンプルズ。

  リボンの先にはシルバーチャームが。

  私が引き当てたのはハート^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

やっぱり読めません

木曜日に書いた司会のお仕事。

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-de23.html

が、

今日でした。

倉敷市内にある高野山真言宗のお寺の、

『晋山式』(しんざんしき)という、

住職就任式、と言ったらわかりやすいでしょうか、

その式典の後に設けられた祝賀会、

いわゆるパーティーの司会でした。

でも、

「パーティー」という

華やかなイメージとは裏腹に、

なんだか見た目は物々しい雰囲気。

列席者およそ150人のうちの3分の1、

50人ほどが

全国各地からお集まりになったお坊さまで、

袈裟すがた。

あとは壇信徒の皆様に、

ゆかりのある方々、ご親類。

檀家の総代さんたちは、礼服に輪袈裟。

つまりは、

列席者の服装が全体的に黒い、という^^;

でも、

祝宴が始まったら

非常に和やかでにぎやかな、

とっても良い会でした☆

心配したムズカシイ言葉たちは、

用心して原稿を作っていた甲斐あって

難なくクリアできました。

が。

当日届く祝電。

これが落とし穴でした・・・。

開演直前にひととおり

新住職のお手を煩わせて読み方を確認したのですが、

それでも

何箇所か噛んでしまいました(T_T)

せっかくの、

届けてくださった方のお気持ちを・・・。

すみませんでしたm(__)m

ほんまに修行が足らん!

情けないこと。

ほかにも、

言い回しとか、

あそこはもうちょっとこんな風に言えばよかったな、など

いろいろ反省点もありました。

でも、

良い勉強になって、ありがたかったです。

今回の司会は

滅多にない貴重なお仕事だったなぁ、と

改めて思います。

ほんとうに。

そもそも、

お坊さま50人近く、に

一度にお目にかかることって・・・ないですよね^^;

高野山真言宗のトップ、

松長有慶管長猊下にまで。

そんな中で、

新住職は、

息つくひまが無いほど

会場内を歩き回って、

丁寧にご挨拶周りをしていらっしゃいました。

額に汗しながら、

でもずっと、笑顔を絶やさず。

お人柄を感じました。

この方は

間違いなく檀家さんたちに愛される

素晴らしいご住職になられるんだろうなぁ。

その姿が想像できて、

なんだか嬉しくなりました。

私の大切な先輩の、大事なお人だから。

本日は本当に

おめでとうございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

読めません

私の師匠とも言うべき先輩からのご依頼で

いただいた司会のお仕事。

その式次第が・・・。

ま~見事に漢字ばっかり。

しかも、

言葉が全般的にムズカシイ(泣)

なにせ、

お寺さん関係の行事なもので。

そりゃね。

お名前の読み方も、肩書きや位の読み方も。

はたまた、

「祝辞」じゃなくて「祝詞(しゅくし)」

「余興」じゃなくて「清興(せいきょう)」

「法類(ほうるい)」って何?

う~ん。

耳慣れない言葉が多いので、

用心して

黙々、原稿作ってます^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

りっちゃんのコサージュ

今日は、

矢掛町の「やかげ文化センター」で開催された

『子ども神楽と 唄・踊りの演歌まつり』

という催しに

司会のお仕事で行ってまいりました!

う~ん、シブいタイトル。

第一部が、

地元の小田子供備中神楽の子どもたちの発表。

第二部は、

地元の歌自慢の方々と踊りの披露、

で構成されています。

今年は44組のエントリーがありました。

た~っぷり、堪能しましたよ♪

普段演歌を聴くことがほとんど無いので、

とても新鮮です。

しかも、みんな上手い!

中高年の方々の歌声は

どうも

(私を含めて)今の若い人たちと全然違いますよね。

お腹からの出具合?

曲自体の違い、だけではないような・・・。

聴いていると、

私も思いっきり歌いたくなりました^^;

そういや当分カラオケ行ってないなぁ。

この司会は

第一回の時からさせていただいていて、

今年で3回目です。

出演者のみなさんも、

常連さんはお顔が分かるようになりました。

特に、

子供神楽の子たち(小~中学生)は、

顔は憶えてるんだけど、

この子こんなに背があったかなぁ・・・?

とか、

お、ちょっと声が低くなってる?、とか

毎年成長している様子が伺えて、

なんだか嬉しい。

大人の方々は

今年もお元気そうでよかったなぁ・・・とか^^

直接お話はほとんどしない(出来ない)のですが

一人嬉しく再会を喜んでおります。

逆に、

出演者や観客の皆様も

私を覚えてくださっているようで。

(年々何故か影アナの割合が増えて

  ほとんどステージに顔出さないんですが^^;)

ありがたいことです☆

来年も、

皆様にお逢いできるといいなぁ♪

ほかに

このお仕事での楽しみがあります。

それが、

りっちゃんのコサージュ。

この会の主催『喫茶りっちゃん』の

「りっちゃん」こと「りつこさん」が手がける

アートフラワーなんです。

りつこさんは、笑顔のチャーミングな

優しくて素敵な女性です^^

お店で教室も主宰しています。

毎年、

出演者のほとんどが、

りっちゃんのコサージュを胸や髪に飾って

ステージに立たれるのですが、

これが

ドレスにも、和服にも似合うんです。

もちろん男性も。

スーツの胸元に飾るととても華やか。

それを、

いつも私にもご用意下さっていて。

今日は、

去年と一昨年にいただいたものを

持っていっていたのですが。

また新しく、

今日のスーツに似合うものを、

いくつかの中から選んでくださいました。

Image396_2 素敵でしょ♪

大切に使わせていただきますね、ありがとうございます!

『喫茶りっちゃん』は

矢掛町の宇内という地区にあります。

ホタルが有名なところ。

去年伺った時にはおサルさん(!)を目撃。

のどかで良いところです^^

お店には冷鉱泉が湧いていて、

その冷鉱泉でたてたコーヒーが

とっても美味しいのです。

店内では

りつこさんのアートフラワー作品の展示・販売を

しています。

また、

今回の催しのもうひとつの主催団体

『矢掛の文化・史跡を学ぶ会』会長で

写真家の毛利寿之さんが写した

矢掛の四季折々の写真作品も展示してあります。

ほっとできるひとときを味わいに、

是非どうぞ^^*

  『喫茶りっちゃんHP』

      ⇒http://www.h-mouri.net/~ricchan/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

惹きつける

昨日今日と、

故郷玉野でお仕事でした。

玉野市最大のイベント『たまの港フェスティバル』。

海・港がテーマのおまつりです。

昨年に続き、

築港商店街エリアに設けられたステージの

司会を仰せつかりました。

築港商店街は、

昨年11月にアーケードを撤去しました。

どんな風に変わってるかな~?

と楽しみに出向くと。

おぉ、

道が広い(笑)

天井が高くなると広く感じる、

というのはわかっていましたが。

こんなに広かったなんて^^

開放的で良い感じ♪

なのに。

なのに。

雨。

二日間とも。

・・・泣。

でも雨に負けずたっくさんのお客様がいらして

盛り上がっていましたよ☆

築港ステージには

二日間で様々なグループが出演されました。

地元の子どもたちから

プロのアーティストまで。

雨の中、

みなさん本当にありがとうございました!

この二日間

全てのステージに立ち合わせていただきながら

ぼんやり考えていたこと。

例えば「歌い手」さんの場合。

めちゃくちゃ上手い人にも二種類あるなって。

耳で聴きながらも、

手は別のことが出来る。

目は別のものを見ていられる。ような、

BGMとして聴ける人と。

作業している手を止めて、

その人を見つめて、

集中して聴き入らずにはいられない人と。

全く失礼なハナシですが^^;

そう思ったのには、

出演者の中に前者のような人がいたわけでは

決して無く。

ただ、

圧倒的な存在感を放つ後者に、

出逢ってしまったからなんです。

ニシナミユキさん。

http://peke.oiran.org/pctop.html

あれほど【聴いてしまう】歌い手さんって

初めてな気がする。

ココロに沁みました。

で、

さらにぼんやり考えたこと。

私も、

【聴いてしまう】喋り手でありたいなぁと。

私の場合は決して目立たなくていい。

でも

一旦喋りだすと自然と耳を傾けたくなるような、そんな。

人を惹きつける力強さ、

みたいなモノを持った喋り手でありたい、と。

そのためには

もっともっと

精神的に成長しなければならないのでしょうね。

だのに。

今回、雨に一番へこたれたのは私のようで。

全体的に少し

引き気味のMCになってしまったなぁ・・・

何かぐずぐずだったよなぁ・・・と

反省していたところ。

昨年に続き出演された

アフリカン太鼓『岡山Djembeクラブ』のリーダー・

にしやまんさんから、

あとで

「金盛さんの仕事っぷりは『聴いてしまう』感じがあったよ」

って言ってもらえて。

ちょっとだけ、自信が出た。

かく言う「にしやまん」さんは、『見てしまう』人。

昨年の港フェスがご縁で

以来何度かライヴに行かせて貰っているのですが

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_0eb6.html

ニシナミユキさん同様の存在感を

持っています。

たとえ大人数のパフォーマンスであっても、

意識して他を見ようと努めない限りは

目を離すことが出来ないほどの。

アフリカの太鼓は少しでも濡れると割れてしまう、

その危険を冒してまで

今年は

メンバーを引っ張って

攻めのパフォーマンスで盛り上げてくれました。

ありがとうございました!

見習って、

これからも前を向いてがんばっていかなくちゃ^^

と、

いろいろ考えさせられた

二日間のお仕事でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

泣菫さんと琴の音、ピアノ

今日は文化の日!

ここ3年ほど毎年、文化の日にお邪魔する場所があります。

倉敷市立連島東小学校で開かれる

小中学生による『泣菫詩朗読会』。

連島東・西浦・神亀・旭丘の各小学校5・6年生と

連島中学校1年生が参加して、

郷土の偉人・薄田泣菫の詩を

1人ないしはグループで、順番に前に出て発表します。

その司会を仰せつかっているのです。

このシチュエーションは、

以前書いた『生誕130周年記念朗読会』と同じですが

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_28c5.html

この130周年の方が、

毎年文化の日に開催の朗読会の

特別バージョンだった訳です。

今回も、

とてもすばらしい子どもたちの朗読を、

味わうことができました。

彼らが詠む詩は、

主には「子守唄」という、

子供向けの詩をまとめた詩集の中から自分たちで選んだもの。

中には、大人でも難しい

「公孫樹下に立ちて」や「ああ大和にしあらましかば」

などの詩にチャレンジする子もいます。

私と泣菫さんの作品との関わりの最初は

その難しい作品からだったので、

しばらく実は、苦手意識の方が格段に勝っていました。

でも、

3年前に、

子どもたちの詠む「子守唄」の中の

ほほえましい作品達に出逢ってからは、

泣菫さんを

ぐっと身近に感じられるようになりました。

ところで、

去年の130周年のときに始まった試みがあります。

お琴の伴奏で朗読する、

というもの。

それはよく合うんです。詩と。

狩野さん・長尾さんという生田流師範のお二人が

詩のイメージで作曲されました。

大学の頃、サークルで琴をかじった身としては

興味津々。

今回もすっごく素敵でした。憧れます~^^

また、

作曲といえばもうひとつ。

我らがやもりんこと朝田恵利さん!

今回も、電子ピアノで作曲して録音した曲をBGMに、

随筆を朗読しました。

メロディも、声も、

やわらかくす~っと心に沁みました。

恵利ちゃんは声もとても魅力的。

私たちの会でも朗読して欲しいな♪

・・・あ。

でもそしたら私の出番がないわ^^; あはは~。

私もピアノが弾けたらよかったなぁ(笑)

BGMなしの朗読も。

琴の伴奏での朗読も、ピアノの伴奏での朗読も。

どれも素敵で、

何より子どもたちのがんばりに、拍手です。

みなさま、

本当にお疲れ様でした^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

笑顔が取り柄です☆

昔とてもお世話になった方のご紹介で、

某組合の60周年記念式典に

司会に行ってきました。

役員の皆様は良い方ばかりで、とてもよくしていただきました!

・・・が、

よくある話で<船頭が多い>。

これが司会してて一番困ります。

複数人がてんでに指示をくださる。

同じことの繰り返しならいいけど、

たまに食い違ってる場合があると大変。

災難を回避するにはもうひたすら確認確認確認・・・。

過去の経験から免疫は付いてるので、

ちらりと

(もういい加減にしてよ~)

なんて気持ちが胸をかすめたって

全然へっちゃらでした。

そんなの表には出しません!

おおらかに。

そう、

何事もおおらかに受け止めよう。

慌てない慌てない。大丈夫、笑って。

・・・ってね。

実際、

初めは「作り笑い」でも

すぐに気持ちも上向きになって、ほんとの笑顔ができる。

これってすっごく能天気なハナシで

短所かもしれないけど

自分では取り柄と思ってます。

それに

みなさん我が儘であれこれ言ってる訳じゃなくて

良いものを作りたいという責任感や必死さがなせる行動だから、

かえってほほえましく思えたりもするし。

そんな訳で

ああいった現場で気持ちを支えるのは結構得意。

さて、

式典も祝賀会も無事終わり。

役員のお1人が

私の恩人に『良い司会者を紹介してくれてありがとう』と

おっしゃいました。

船頭が多いという自覚はあったようで(笑)

随分振り回してしまったのに

<嫌な顔ひとつせずに、全てのことに笑顔で対応>

していたことを

非常に高く評価してくださいました。

喋りのスキル云々よりも、

今回の場合は

そう言っていただけたことで、かなりホッとしました^^

喜んでもらえる仕事をする。

何をもって【良い】と評価するかは人それぞれだけど。

取り組む姿勢、

その大切さを改めて感じた一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧