« 抜き打ちテスト的な | トップページ | 泣菫さんを歌う »

2010年3月 4日 (木)

静かなかなしみを

そっと胸に秘めて微笑む人は、美しい。

そして

とてもやさしい。

そんな人に出逢い、一篇の詩を思い出した。

     かなしみは

     みんな書いてはならない

     かなしみは

     みんな話してはならない

     かなしみは

     わたしたちを強くする根

     かなしみは

     わたしたちを支えている幹

     かなしみは

     わたしたちを美しくする花

     かなしみは

     いつも枯らしてはならない

     かなしみは

     いつも湛(たた)えていなくてはならない

     かなしみは

     いつも噛みしめていなくてはならない

           ―――坂村真民 「かなしみはいつも」

                   (無断記載お許しください)

私の大切な大切な友人が、あるとき贈ってくれたもの。

改めて心に沁みる。

ねぇ、

この詩を君にも贈るよ。

忘れなくたっていいと、気づいて。

あなたはあなたのままで。

|

« 抜き打ちテスト的な | トップページ | 泣菫さんを歌う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90396/33761037

この記事へのトラックバック一覧です: 静かなかなしみを:

« 抜き打ちテスト的な | トップページ | 泣菫さんを歌う »