« カフェで・・・ | トップページ | 笑顔は最大の武器 »

2010年2月 7日 (日)

親指こぞう

今日は恵利ちゃんと一緒に、

不思議なお芝居に行きました。

『親指こぞう ブケッティーノ』

http://arsk.jp/event/2010_oyayubi.html

お芝居?

朗読劇?

なんと表現したら良いのかわかりませんが、

ベッドに一人ずつ入って、

毛布を被って目をつぶり、

お姉さんの朗読する童話を聴くのです。

効果音も満載で。

その音も、ただ録音を流すのではなく、

実際に壁を叩いたり、

2階を歩いたりする、生の音をたくさん使って。

空気までが震えるほどの大迫力。

まさに

五感で感じるお芝居でした。

朗読をされていた

舞台女優の「ともさと衣」さんの表現力の豊かさは

驚くほど。

自在に声を操り、

ぐいぐいと物語の世界に引き込まれました。

すごい。

ただ、このひとこと。

面白かったです。

表現には、いろいろな方法がある。

とても勉強になりました~!

恵利ちゃんの感想はコチラ ↓

http://eri-piano.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-fe11.html

|

« カフェで・・・ | トップページ | 笑顔は最大の武器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親指こぞう:

« カフェで・・・ | トップページ | 笑顔は最大の武器 »