« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月 7日 (水)

プチ引っ越し

しました。

我が家には部屋が二つあり、

それぞれ

一方を居間、一方を寝る部屋に使っていたのですが、

ベッドを

今までの部屋からもうひとつの方へ。

同じ家の中だけど

寝る場所が変わると引っ越しした気分。

・・・理由?

居住スペースを纏めてすっきり暮らすためです(><)

つまりもうひと部屋は

完全にクローゼット兼物置になってしまう予定。

年末に出来なかった分の片付けは

まだまだ終わらない。

明日から仕事がはじまるので

合間を見て地味~にコツコツやります。

ほんとは

新年早々あんまり家の中を大掛かりに片付けたりしちゃ

いけないって聞くけどね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

思ったとおり

今日、

実家に顔出してきました。

近所のおばあちゃんちにも。

そこで

残してくれてたお煮しめをいただきながら

あぁこれぞお正月、

としみじみ感じました。

やっぱり

思ったとおりです^^;

さ、

今年一年、がんばろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

あけましておめでとうございます♪

2009年が明けました!

みなさま、お元気でお過ごしですか?

お正月休みは今日まで、

という方も多いのでしょうね。

ところが私は今日からお正月休みがスタート。

やっとゆっくり過ごしています。

2008年~2009年にかけては

倉敷チボリ公園で年越し。

KCTで最後の姿を生中継しました。

チボリのカウントダウンは初めての経験で。

それが

最初で最後になってしまった、

その歴史的瞬間に立ち会えたことは光栄で、

責任の重さを感じつつのお仕事でした。

そのときにも胸に迫るものがあったのですが、

自身の反省のために録画してあったビデオを

今見返して、

やっぱり泣きそうになりました。

実際足を運んだ回数は

両手で足りるくらいだったと思うけど。

それぞれにやっぱり想い出がある。

その場所が無くなるのは、素直に淋しい。

そんな想いを抱えた方がたくさん

カウントダウンに足を運んでいらして。

閉園時間を過ぎても、

まだ別れを惜しんでいました。

今までありがとう、チボリ。

申し訳なくも

遅くまで撤収作業に当たるKCTスタッフさん達を残して

一足先に帰宅。

2009年1月1日~3日までは、

阿智神社で

三女神のご奉仕をしていました。

(三女神についての以前の記事

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-1dae.html

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-156d.html )

元日といえば

いつも実家でうだうだと朝寝坊して過ごしてきた

わたくし。

今年は7時半に家を出て、

自転車で神社に向かう。

そこに広がっていたのは

非常に爽やかで穏やかな、元日の朝でした。

あぁ、いいもんだなぁ^^

晴れやかな気分で

息を切らして参道の階段を登り、

お参りしてから社務所へ。

大晦日から深夜までおつとめをして

神社に泊まっていた三女神のサチさんを起こし、

新年のご挨拶。

さぁ、はりきっていきましょう!

もう1人の三女神、かずさちゃんも合流して、

私たちの三日間が始まりました。

一日3回、能舞台で神賑わい。

舞を披露して、

合間には

夕方まで絵馬殿で

お屠蘇のふるまいをお手伝い。

繰り返される新年のご挨拶。

たくさんの参拝者のみなさまの笑顔にも出会えて

充実した時間でした。

サチさん、かずさちゃんとのきずなも

少しずつ深くなっていくようで

嬉しいです。

でも、

神社にいるときは思いっきりお正月ムードなのですが

帰宅するとなんだか・・・。

普段なら実家での~んびりして

ばあちゃんちでお煮しめいただいて、

というのがお正月だという刷り込みがあるせいか、

倉敷の家にいると正月の気がしない。

慌しく年末~年始にかけて

動き続けていたのも原因のひとつかな。

年が明けた気も、

あんまりしない^^;

やれやれです。

まだお正月休みがあるので、

少し実家に帰ったら気分出るかな?

そして、改めて

新しい一年のスタートを切りたいと思います!

今年の目標は・・・

家を常に片付ける。

美しくある努力を怠らない。

です(><)

今年もよろしくお願いします!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »