« 泣菫さんと琴の音、ピアノ | トップページ | 2008年最終戦! »

2008年11月 5日 (水)

手のひら効果

今日は恵利ちゃんと朗読会の打ち合わせ。

お仕事終わってからご自宅にお邪魔して、

豪華な夜ごはんをご馳走になって、

旦那様も交えておしゃべりして・・・。

結局打ち合わせに使った時間はごくわずかだったりする

いつものパターンですが^^;

美味しくて楽しい時間でした~、ありがとう☆

そこでまず目に付いたのが

おしゃれなボトルに入った、赤紫色の液体。

食卓にはワイングラス。

『まぁ、ワインでもどうぞ^^』

んん~?

車なのを知っててアルコールを出すはずがない。

てことは、

『ぶどうジュース?』

ピンポーン♪

実はえりちゃん、

今日の日中、アシカさんちに

打ち合わせに行ってくれていました。

その液体は、

アシカさんちの葡萄を、

その場で、手で搾った、100%ぶどうジュース

だったのです!

たしかに濁りがあって、濃い感じ。

飲んでみるいと・・・すっっっごく甘い!

お砂糖ほんとにつかってないの!?ってくらい。

でも、

搾る前のぶどうは、

食べ(飲み)比べてみると、

確かに甘いけど、その中に

一瞬眉間にしわが寄るくらいのすっぱさと、

かすかに渋みもある。

なんでこんなに違うんだろ。

やっぱり、

トドさんアシカさんが手で搾ったからかな。

手のひらにはチカラがある、って聞いたことがある。

おにぎりだって、

手でにぎったのと、形にはめて押して作ったのとじゃ

味が違う。

手のひらに塩を付けて、

その塩が

手のひらから出る何かの成分と化学反応して、

おにぎりをぎゅっと美味くする。

・・・みたいな。

すみません、うろおぼえで(汗)

詳しいことご存知の方、

是非情報お待ちしてます! ^^;

でも

実証なんてなくて、気持ちの問題なだけかもしれなくても、

やっぱり、

手のひらにはチカラがある、

って、

思う。

愛情とかが、味になる。そう思う。

そう思うと、とっても素敵^^*

|

« 泣菫さんと琴の音、ピアノ | トップページ | 2008年最終戦! »

コメント

こんばんは。JOGJOGです。

ちひろさんが言われているのと違うかも知れませんが、おにぎりのおいしさは炊き立てのご飯のうまみ成分である『保水膜』をにぎることであのおいしさが生まれるそうです。
詳しくは、『日本文化いろは事典』の下記のアドレス
http://iroha-japan.net/iroha/B02_food/23_onigiri.html
に詳しく書いてあります。


投稿: JOGJOG | 2008年11月 7日 (金) 02時38分

JOGJOGさま。

そうですね・・・私がお伝えしたいこととは
ちょっと違うけど、
でも興味深い「おにぎりのいろいろ」が
とっても面白いですね!
ッ情報ありがとうございます^^v

投稿: ちひろ | 2008年11月 8日 (土) 21時38分


そこには、愛情や思いが込められてるからだと思う~。
痛いの痛いの飛んでいけ~も手のひら魔法ですしね♪

思いが入ってなければ 手のひら効果は表れないし、
イライラしたりネガティブな気持ちで作ったご飯やおやつは 美味しいけど不味いと子供達にバレて指摘されます(笑)

投稿: kids | 2008年11月11日 (火) 09時01分

kids さま。

そうなんだ~子どもさんは敏感ですね!
『美味しくない』
じゃなく
『美味しいけど不味い』ってのが^^

痛いの痛いの飛んでいけ~、
も確かに手のひらからなんか出てるかも。
納得です!

投稿: ちひろ | 2008年11月12日 (水) 20時04分

怪我をした時などに手当てをするは、手を当てて痛みを和らげることから始まった!ってことを聞いたことがあります。
そう言えばお腹が痛いときでも手でさすると痛みが和らぐこともあるなぁ~!
そんな優しい手は母の手だったりする。

投稿: きびじぃ~ | 2008年11月14日 (金) 11時07分

きびじぃ~ さま。

おひさしぶりです☆
手当てってそういうことなんですね!
勉強になります~ありがとうございます^^

投稿: ちひろ | 2008年11月14日 (金) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90396/25087573

この記事へのトラックバック一覧です: 手のひら効果:

« 泣菫さんと琴の音、ピアノ | トップページ | 2008年最終戦! »