« 鉄人たちの暑い夏 | トップページ | 少しずつ »

2007年8月21日 (火)

鉄人たちの熱い夏②

19日(日)。

前日より30分早く集合して、

児島競艇場へ。

今日も暑くなりそうだ・・・

焼けるを通り越して焦げるな、こりゃ(><)

競艇場の空は雲ひとつ無く、

青く澄み渡っていました。

あとで確認したら、この日の倉敷の最高気温は34.6℃。

猛暑日目前だったんですね。

レース後のインタビューで、

皆さん口をそろえて、

『今年は暑すぎ』とおっしゃっていました。

ほんっとに皆さん、お疲れ様でした!!!

撮影は今日も各ポイントに分かれて、

5クルーが出動。

私はスイムの撮影、

その後ランのフィニッシュ地点に移動して、

上位の方にインタビュー。

なので

レースの行方は、

競艇場の大型スクリーンと

本部に入ってくる情報をディレクターから聴きつつ見守りました。

トライアスロン大会は、

全国から鉄人たちがやってくる。

そんな中、

地元児島の高橋選手に大会2連覇の期待がかかります。

スイムで10位にも入れなかった高橋選手、

バイクでは4位、

そしてランで・・・大逆転!!!

今年はダメだったか・・・と

会場に漂う諦めムードをきっぱりと振り払い、

堂々のトップでゴールテープを切りました!!!

すごい!やった!!!

おめでとうございますっ、と駆け寄ると、

身体全体で苦しい息をしながらも、

満面の笑みで握手をしてくださいました。

2位は、

この大会だけ今まで優勝がない、という

広島県の福元選手。

3番目にゴールしたのは(参考記録のため順位はつかない)

神奈川県の、招待選手として出場の伊藤選手。

3位は、

前回16位からぐんと順位を上げた

岡山県の岡崎選手。

高橋・福元・伊藤の三選手は

昨日お話を伺っていたので、

余計に嬉しく、

と同時に、終盤までずっとレースを引っ張ってきた

福元・伊藤亮選手の悔しさも分かって、

胸が熱くなりました。

それでもほんとうに三人とも良い表情で、

落ち着いてから

お互いの健闘をたたえあい、ねぎらいあって

和やかに談笑している姿を見つけたときが、

いちばん嬉しかったかな^^

こういったスポーツの現場でリポートするのは初めてで。

かなり右往左往してしまったけど

非常に良い経験になりました!

心動かされるのは、

やはり

ひたむきな想いであり、まなざし、なんですね。

来年で10回目を迎える

『ファッションタウン児島 倉敷国際トライアスロン大会』。

ボランティアや沿道の応援がすごくあったかい大会だから

好きだと、

多くの選手から聴くことができました。

来年で一区切り、という話もあるようですが

是非ずっと続けて欲しいなぁ、と

初参加にして思いました。

選手の皆さん、大会関係者のみなさん、

ボランティアの方々、

そして我がKCTクルー。

暑い中、ほんとうにお疲れ様でした!!!

|

« 鉄人たちの暑い夏 | トップページ | 少しずつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人たちの熱い夏②:

« 鉄人たちの暑い夏 | トップページ | 少しずつ »