« 折り返し | トップページ | 感じること、 »

2007年7月 3日 (火)

なのに。

玉野の

荘内市民センターに

ワイドの生中継に行きました。

1ヵ月後に迫った

『玉野まつり おどり大会』の練習に励む

踊り連を紹介するシリーズの一回目。

今回は「藤むらさきの会」と、

初回ということで

まつりで踊られている『かっからか』という踊りについても

ご紹介しました。

昨年、一昨年と

お祭りの現場で仕事させていただいていたのですが、

お恥ずかしいことに、

今日の中継のために改めて勉強して、

また今日の現場でお話を聴いて、

皆さんの息遣いを間近に感じて、

やっと

初めてわかったことがたくさんあり。

今までの伝え方は

非常に非常に薄かったな、

気づいた。

何事にも歴史があり、

それは

大勢の方々の地道な努力や

強い想いが、

積もり

重なり

いつしか連鎖となって広がっていく。

そういったものであるのだと。

大事にしなくてはいけない。

生まれ育った玉野に

そういううねりが起きていることを

素直に嬉しく思い、

今日の出会いに感謝し、

今までを反省した。

もし、

今年の玉野まつりも担当させてもらえるならば。

表面をなぞるだけでなく、

もっと深い所にある

参加者一人ひとりの想いを

少しでも汲み取って伝えられる。

そう思いました。

・・・なのに。

な。

|

« 折り返し | トップページ | 感じること、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90396/7023715

この記事へのトラックバック一覧です: なのに。:

« 折り返し | トップページ | 感じること、 »