« 朗読のチカラ | トップページ | いただいてみた。 »

2007年5月20日 (日)

古墳に潜入!

っていうと

不法な香りがするな^^;

あくまで合法的に潜入~っていうか、

現地説明会に行ってまいりました。

真備町下二万の『勝負砂古墳』!

そう、

未盗掘の状態であることが分かり、

注目を集めたあの古墳です。

実は、

4月の頭に中継に行きました。

http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_d0ea.html

元々興味のある分野であり、

(発掘すごくしてみたい)

かなり印象深いお仕事でした。

このほど,

ほぼ発掘が終わり、一般に向けて

現地説明会があるとのこと。

それは・・・

行かなきゃでしょ♪

幸い少し時間が出来たのでいそいそと、

井原線・川辺宿駅からてくてく20分。

大勢の人たちでごったがえしていました。

たまに、

どこどこ遺跡発掘現場の現地説明会、

なんてニュースで見るけど

一度も行った事はなく。

誰でも大丈夫なんだよね?普通に行けばいいんだよね?

わたし場違いだったらどうしよう、

(小心者はツライ)

内心かなりうろたえつつも、

足を運んでほんとによかったです!!!

ものすごく興奮しました^^v

たどり着くと受付でパンフレットをいただき、

混雑を避けるため道順が決められていて、

パネルを見ながら進むと、入り口でストップ。

何人かずつ区切って見学+説明があるとのこと。

見渡せば、

小学生くらいの子供さんからおじいちゃんおばあちゃんまで

結構年齢層も幅広く。

一人で来ている方も多くて。

あ~ほんとに誰でもいいのね、なんて

やっと安心したりしました^^;

お、

どうやら順番が来たようです。

上から現場をぐるり取り囲んで、

見下ろしながら学生さんの説明を聞きます。

Photo_11 (クリックしてね)

おおっ、これはすごい!

カンドーです。

こんなに中がばっちり見えるなんて!

だってね、

前回お邪魔したときはまだ、

石棺の中に流入している土砂、

半分くらいを多い尽くしているそれを取り除く作業中で。

これがまたほんっとに地道な作業なんですよ。

上に足場を渡して腹ばいになり、

ちりとり、ピンセットで

ひとつひとつ小石を拾いあげて取り除いていく。

気が遠くなる作業です。

それが

まだふた月経ってないのにここまで除去できて、

しかも埋葬品が分かる状態にまでなっているなんて!!!

感激以外の何物でもありませんね。

それから

そのときまだあるかないかとおっしゃっていた木管の痕跡も

くっきりと見えていたり。

もう、

たまらなかったですわ。

出たところで

生中継にご出演いただいた松木准教授にお逢いでき。

興奮してあれこれしゃべっちゃいました^^

先生、ほんとうにご苦労様です。

今後は

埋葬品をひとつづつ取り出して研究室に運ぶ作業、

6月中ごろまでは続くそうです。

これも、

細心の注意が必要な、大変な作業です(><)

ちょっと残念だったこと。

上からなので遠かったm(__)m

もっと近くで副葬品などを観察したかったです。

・・・まあこれは当然なことで。

中継では特別に

ヘルメットかぶって中に入れていただき、

ほんとうに目の前で見ることができたんですよね。

今思えば、

あの時なんて贅沢な経験をしたのでしょう、私は。

この経験は無駄にしてはいけませんね。

ちょっとうれしかったこと。

駅までてくてく帰っていたら、

前方から見た顔が。

昨日の泣菫さんの朗読会はじめ、

いろいろお世話になっている

倉敷市の職員さんではありませんか!

聞けば、

あの日の生中継を見て『勝負砂古墳』に興味を持ち、

見に来た、と。

きっかけ作りになることができたなんて、

ほんとに嬉しいです!

そういうお声をいただくと、

やる気、出ますね^^

あの日私にリポーターを担当させてくれたディレクターにも、

感謝☆

|

« 朗読のチカラ | トップページ | いただいてみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90396/6522923

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳に潜入!:

« 朗読のチカラ | トップページ | いただいてみた。 »