« 手塚治虫のヒロイン | トップページ | 2月2日放送分 »

2007年2月 1日 (木)

和太鼓にしびれる

久し振りに

仕事のお話^^;

今日向かった先は、

玉野市勤労青少年ホームの体育館。

「備前玉野太鼓」のメンバーの皆さんが

練習している様子を取材しました。

総勢13名の皆さんは今、

今月末に開催される

『郷土芸能交流フェスティバル』に向けての練習の真っ最中!

今夜は特に冷え込みが厳しかったのに、

暖房もつけない寒い館内で、

Tシャツ程の薄着で気合充分に取り組んでいました。

いやー、

すごい迫力に圧倒されました・・・。

体育館は13人のメンバーと太鼓がぽつーんと納まっている、

ような大きいスペースではなく、

ちょうど適度な広さと天井の高さ、だったので

余計にだとは思うのですが。

よく、

太鼓の音はお腹に響く、とか言いますよね。

いえいえ、

そんなもんじゃありませんでした。

喉を圧迫されて普通に呼吸するのが難しいくらい、

お腹はもちろん全身にビシビシと振動が伝わってきて

脳まで痺れてる感じ。

演奏が終わってもすぐには解けません。

空気中に伝わる振動と音の余韻が

時間をかけてやがてふつりと消えて行くのに合わせて、

ゆ~っくりと

ジンジンしている全身の感覚も元に戻っていく感じ。

これまで

こんなに間近で和太鼓グループの演奏を見たことがなく、

ほんとうに感動しました。

それを演奏しているのが、

驚くべきことにかなり年齢層高め。

かと思えば小学生の子もいて。

女性の割合も多く。

迫力のある中にもほのぼのとしたやわらかい方々ばかりでした。

すごい。

なんだか元気を頂いた感じです。

世代も性別も超えて人を惹きつける何かが、

この「備前玉野太鼓」にはある。

そんな気がしました。

25日のステージ、見たいですねぇ。

空間が違えば音の広がりも、振動の伝わり具合も

違うと思うけど、それもまた楽しみです。

今日はいいもの見せていただきました、

ありがとうございました!

『郷土芸能交流フェスティバル』

2月25日(日)  13時~16時

於 玉野市民会館

入場料1000円(小学生以下は無料)

お問い合わせ  総合文化センター 

             ℡0863-31-3711

玉野市内をはじめ近隣の郷土芸能が一堂に介す、

初めての試みです。

太鼓・獅子舞・琴などの10団体が出演します。

興味のある方は是非、お出かけくださいませ☆

|

« 手塚治虫のヒロイン | トップページ | 2月2日放送分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和太鼓にしびれる:

« 手塚治虫のヒロイン | トップページ | 2月2日放送分 »