« 秋の色 | トップページ | 10月13日放送分 »

2006年10月11日 (水)

息抜き

も、

たまには必要ですよね。

どうしたものか、

ここのところミョーに仕事が立て込んでいて

(もちろんありがたいと思ってます!!!)

今日で2週間、休みがない。

この状態があと数日続きます。

と、

言っても私の場合は会社員ではないので

日によっては2時間ほどしか働いてないことも、

もちろんあるんですが。

逆に10時間労働なんかもあって。

不規則な分、

ここ最近のように<丸々一日休み>の日がなかなか取れないと

かなりストレス。

で、

発散したくて、

今日の仕事終わりで強引にmaniちゃんを誘って

(彼女に逢うのもひと月ぶりです)

カフェに行ってきました。

訪れたのは、

岡山市のルネスホール内にある『公文庫カフェ』。

前から一度行ってみたかったんです。

しかも現在は、

以前ご紹介した(8月12日)

グラフィックデザイナー・池田 理寛さんの

個展の真っ最中!

ご案内を頂いていたので余計に気になっていました。

Photo_27 写真展 「秋の日」です。

彼の写真は、モノクロで切り取られた風景たち。

以前見せてもらった作品は白黒でしたが、

今回のは、

セピア?にしては茶色が薄いかな、

白黒?にしては黄色が強いかな、

・・・という淡い色遣いで。

どうやって撮影してるのか、かなり気になった。

また、

最初

全体を見渡して、少ないな、と思った。

もっと沢山の作品が見られると期待していたから。

でも腰を落ち着けてゆっくり眺めていると、

この空間には、

この枚数がベストなのだと分かった。

そして、

モノトーンで統一された

スタイリッシュでどこかクールな表情の店内にあって、

彼の作品たちは、

あたかも最初からそこに存在していたかのように、

浮きもせず、埋もれもせず、飾られていた。

お店のオーナーが、

インテリアとして自らの手で選び、飾りつけたように。

人が呼吸をするいとなみのようにごく自然に。

それは、

写真展、という域を超えて、そこに存在していた。

見事だなぁ。

これが、私達ふたりの共通意見でした。

平日の夜8時。

他にお客様はなく、

闇に沈む庭を見渡す店内で

Fh000010 (こちらは庭から公文庫カフェを望む)

静寂の中、

ゆっくりと

美味しいコーヒー(厳密にはキャラメルラテ)Fh000017_1

と池田君の写真を堪能しつつ

積もる話に花を咲かせ。

初めてのルネスホールにドキドキしながら

夜景撮影会だ!

なんて言いつつシャッターを切ったり。

Fh000011  Fh000015_1

(傍から見てるとかなり怪しかったかも!?)

わずかな時間だったけど

充分に息抜きができました^^v

期間が長いので、

今度は昼間に出かけてみようと思います!

きっとお店の雰囲気も昼と夜では違うだろうし、

新しい何かを感じられるような気がします。

みなさまも、

是非

お出j掛けになって見てください☆

Photo_26

池田理寛 写真展 「秋の日」

於 ルネスホール内 公文庫カフェ

    10月29日まで開催です!

          ※ 火曜日定休(祝日の場合はその翌日)

Fh000014_3

|

« 秋の色 | トップページ | 10月13日放送分 »

コメント

ルネスホール内 公文庫カフェ
行ってみたいですね~^^

確か旧日銀でしたよね?
デカイ金庫もそのままにしてるみたいだし。

あの金庫にも入れるのだろうか(^^;

時間に余裕が出来たら行ってみよ(o⌒∇⌒o)

投稿: こっこ旦那 | 2006年10月13日 (金) 20時35分

そうそう、旧・日銀。
あのデカイ金庫内が「公文庫カフェ」なんだよ。
だからお店の扉はすごいです!
是非、
こっこちゃん連れて行ってあげてね^^v
写真展もおススメよん☆

投稿: ちひろ | 2006年10月13日 (金) 23時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息抜き:

« 秋の色 | トップページ | 10月13日放送分 »