« お月見♪ | トップページ | 秋の和みの一日プラン »

2006年10月 8日 (日)

鴻八幡宮例大祭

倉敷市児島下の町の『鴻八幡宮』の秋祭りが行われ、

KCTで生中継を行いました。

なんと11時間!

お祭り自体が伸びた場合は12時間くらいになることも。

驚異の長さです。

MCは、前後半に分かれていて、

私は前半組、3年目になります。

このお祭りは非常に奥が深くて伝統もあり。

最初の年は、

正直

いくら事前に勉強してもなにがなんだかわからなくて

あまり喋れなかったのですが。

3年目にしてようやくすこ~し、とっかかりをつかめてきたかなと^^;

相棒MCの男性アナウンサーとのコンビも3年目。

彼はもっともっと長くMCをしていることもあり、

安心して取り組めました。

琴浦地区の総氏神として1300年ほど前に創建された

鴻八幡宮。

その氏子町内から、

17基のだんじりとひとつの千歳楽が

参道を練り歩き

宮入りをします。

この参道が、砂の坂道。

斜度16度、80mの急坂を、

1tほどもあるだんじりを引く、とても勇壮なお祭りです。

その祭りに花を添えるまつりばやし「しゃぎり」。

江戸時代からおよそ200年の歴史を持ち、

譜面のない秘曲として地域ごとに受け継がれてきた

この「しゃぎり」が、

県の重要無形民俗文化財に指定されて、

今年で10年の節目を迎えました。

みんな、

よりいっそう気合いが入っています。

各地域ごとに、

青年部の結成も目立ち始めていて、

良い伝統を守りつつも、

着実に新しい時代へと進んでいる様子が、

今年は特に見受けられました。

前後半に分けても5時間半~6時間はMCをし続けるのですが

飽きることなく中継が出来るのが、

このおまつりのすごいところ。

様々なパフォーマンスが飛び出したり、

大迫力の練りがあったり。

しゃぎりの音色も美しくて。

とにかく、見ごたえはあります。

地元の方はもちろん、

県外からも沢山のだんじりファンが詰め掛けます。

まだご覧になったことのない方は、

是非来年、お出かけになってみてください^^

10月の第二土日(全だんじりの宮入が見られるのは日曜)です!

さあて、

まだまだお祭りは後半戦、

続いてます。

ここからは自宅のテレビで見守りたいと思います!

(すでに体力使い果たしてかなりしんどいので、

      途中で寝ちゃう可能性大ですがm(__)m)

|

« お月見♪ | トップページ | 秋の和みの一日プラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴻八幡宮例大祭:

« お月見♪ | トップページ | 秋の和みの一日プラン »