« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ハロウィン、かと思いきや・・・

通りがかったケーキ屋さんの駐車場にて。

車の脇に

チャイナドレスを着て、風船をたくさん持った女の子、

と、

黒いマントととんがり帽子を身に纏った男の子。

がお母さんと、

楽しそうに車に乗り込む所でした。

・・・そっか。

今日はハロウィン。

パーティーがあるのかな?

なーんて思いつつ、雑貨屋さんに寄ったら。

そこはもう

クリスマス一色でした。早っ(・・;)

明日から11月。

あぁ、もう年末なんだなぁ。

なんとはなしに、ちょっと焦った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

フォトミュラル!

倉敷フォトミュラル

http://www.kcpf.or.jp/art/photomural/

駅前商店街とチボリ公園で開催されています。

ぢつは。

今年、みやこさんとmaniちゃんと三人で応募してみたんです。

仲良く選には漏れましたが^^;

まあまあみんな初めてだったので、

まずはきっかけとして動いてみなくちゃね、ということで

あまり誰もへこんじゃいません。

入選した作品達をとっても楽しみに、

今日お出かけしました♪

「華」というテーマのもとに選ばれた作品たちが、

大きな大きな布にプリントされて

商店街とチボリ公園のアーケードに吊るされているのを、

見上げながら歩く。

大きいと迫力もあるし、

やっぱりいろんな気づきがあって。

題材とか、構図とか。

ちょっと楽しいお散歩でした^^

歩くのは元々好きだけど、早足だから結構後でこたえる。

ところが今日は、

話をしながら

特にみやこさんがゆっくりなので

合わせて自然に私達もスローペースで、

4時間近く歩き続けたのに全っ然疲れなかったの!

仲間と歩くって、なんか、いいですね。

まず駅前商店街を見て、ついでに本町通りに寄り道して、

そのあとチボリに行きました。

チボリの中には、

なんと応募者全員の作品が展示してあるということで、

ほんとにあるのかな~?

と心配しながら展示室に。

そこには、A5サイズにプリントされたたくさんの写真が。

Fh000004

そして・・・あった☆Fh000007_1

        (こういう場ではご法度ですが自分のだけ、記念に)

パネルにはちゃ~んと名前も載ってて、

うふふ、嬉しくなっちゃった(*^0^*)

こういう風に展示していただいたら

余計ヤル気になりますよね~。

よーし来年こそは入選して、大きくプリントしてもらうぞ!ってね。

来年もトライしようね、って、

みんなで誓って別れました。

楽しかった^^v

倉敷フォトミュラルの会期は、

駅前商店街アーケードは11月5日(日)。

チボリ公園内展示は11月12日(日)までで~す♪

    (HP内に入園料割引ページあり)

あとがき。

チボリは随分秋色でした。

Fh000016_1_1  Fh000014ん?

             Fh000013_2 これなーんだ?

Fh000024_1コチラは本町の秋の風景。 Fh000018_2_1

                         ↑食べたの、だぁれ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

平和だぁ

前回maniちゃんと逢ったときに

ある写真をもらった。

みやこさんに貰ったものと合わせて

載せよう載せようと思いつつ日が経ってしまいました^^;

並べると面白いよね、って話したんですよね。

夏に

maniちゃんとみやこさんと3人で熊山英国庭園に行ったときに、

みんな思い思いに撮影をしていた、ハズが・・・

ふと気がつくと

みやこさんが私にカメラを向けているではないか!

そしてさらに気づけば、

その様子をmaniちゃんが狙っているではないか!!

当時私が撮っていたもの↓

Fh010024 や Fh000001_1  

      そんな私の様子Chihiro_2 (みやこ写)

を撮るみやこさんPhoto_33 Photo_35 (mani写)

を狙っていたmaniちゃん休憩中Fh010018 (ちひろ写)

こんな話題で盛り上がれるって、私たち、平和ですよね^^;

3人で、近々逢えることになりました!

楽しみです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

10月27日放送分

屏風祭も無事終わり、

大作の後は小さな作品を・・・、と、

今回取り組むのは、

カラーミニ仏(ケータイストラップ仕様)!

これが可愛いんですよ^^ほんとに。

以前もカラフルな仏さまを作ったことがありますが、

そのとき使用したのは、固まらない粘土。

クレイアニメなどで用いられるものでした。

今回のは、

オーブンで焼き固められる粘土を使います。

作り方が斬新で、少し可笑しかった^^

海苔の缶(円筒形の)の上で作るんですよ!!

目線がちょうど良く、

仕上がりを回して確かめながら制作できるので便利、とのこと。

う~ん、

いつもながら、

こうゆうさんの頭の柔軟さには頭が下がります。

簡単なようでなかなか思いつきませんよ、

あれは。

制作が始まると出来上がるまではあっという間。

カケラを勝手に拝借して、

横でおねおねしながら見させていただいていたのですが、

こうゆうさんがお不動さんを完成させるまでの間に、

チューリップひとつ完成させることができませんでした(v_v)

・・・ていうか、

なんでミニほとけじゃなく

チューリップ(しかも季節はずれ)を作ろうとしていたのか?

                         ・・・ま、まぁまぁ(焦)

でも、

ほんとうにあの大きさなら、

そしてプラスチックのような強度がありますから、

ストラップにするのにもってこい。

携帯電話は常に手元に置くものだから

いつも常に御座します、

という実感は湧きやすいような。

ネットでも入手できるそうなので、

是非興味のある方は、

自分の仏さまを作ってみてはいかがですか?

そして、

高蔵寺秋のお薬師まつりにお運びくださった皆様、

本当にありがとうござました!

境内で

二人組の女性にお声を掛けていただきました。

「テレビを見て来たんですけど、

   誰が来ても良かったんですよね?」

と不安げにおっしゃっていましたが、もちろんです!

初めての高蔵寺で、

玉野から

途中で何度も道を聞きながらたどり着いてくださったとのこと。

きっとかなりの勇気が要ったことでしょう。

お顔と話し振りから伺えました。

そうやって、

「ほほえみ堂」をご覧頂いて、

よしっ、と行動を起こしてくださる方がいるという事実。

すごく嬉しくなりました。

私ももっと、頑張らなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

秋のお薬師まつり

明日、

こうゆうさんのお寺で

「秋のお薬師まつり」が行われます。

是非、お運びくださいませ♪

Photo_32 Kouzouji

詳しくは→http://www.age.ne.jp/x/kozoji/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

ぷらねたぽえむ☆

来ましたよ~待っていたご案内が!!

先日、10月9日の記事(→http://chihirog.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_c3d5.html)で

勝山でのイベントをご紹介しましたが、

その

詩人・みごなごみさんが

今度はプラネタリウムで詩のライブを行いますっ♪

Photo_28

プラネタリウム!

この響き、なんだかワクワクします。

そういえば大人になってからは行ってないなぁ・・・。

満点の星空を眺めながらの朗読ライブ。

どんな世界が待っているのでしょうか。

あぁ、ワクワクする~っ☆

場所は、

池田動物園そばの

岡山県立児童会館のプラネタリウム室。

ってことで、

幼児から大人まで、親子で楽しめるような内容とのこと。

もちろん、

大人の方だけでも是非是非!

お出かけくださいませ^^

こちらは定員がありますので、

行ってみようかな~という方は

お手数ですがご予約をお願いいたします。

(当日券もありますが、

     予約状況によっては出ない可能性も)

定員になり次第締め切りとなりますので、

どうぞ、お早めにm(__)m

『ぷらねたぽえむ』

11月18日(土)15:00~15:45

於 岡山県立児童会館 プラネタリウム室

      岡山市伊島町3-1-2

  ℡086-252-3282 (担当:太田さん)

     (HP→http://www.jidoukaikan.com/

入場料は、

通常のプラネタリウムと同じ。

        (上のフライヤーをご覧ください)

です~(*^-^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

水晶のカケラ

ご縁があって、

ある商店街振興会の『経営研修会』なるものに参加しました。

今回の講師は

「山田のおやじ」。

というとお分かりになる方もいらっしゃるでしょう。

(私も岡山市のFM局の番組で聴いたことがありました)

鑑定士の山田浩三さんでした。

http://yamadanooyaji.com/

具体的な内容は控えますが

「経営に活かす運のつかみ方」として、

いろいろ興味深いお話が伺えました。

その席で頂いたものがあります。

参加者全員に、

ひとつまみの小さな水晶たち。

運が向いてくるとか?

ところが。

わたくし残念ながら仕事があり、

講演の最中に、途中参加という無礼を働いてしまったため、

最初に説明があったのであろう、

どういう状態で扱えばいいのか

  (家の何処かに置いておけばいいのか、

      身に着けておくのか?など具体的に)

うっかり聞きそびれてしまいました(ーーメ)

後から伺う機会はいくらでもあったのに、

その場では全くそこまで意識が至らず。

帰ってきてから気づきました。

ほんっとに頭悪い。

さ~て、

どうしましょ。

Vfsh0016 (少し大きいピンクの石は女性のみ^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

出来た!!!

ついにっ・・・(T_T)

KCT特別番組 『スタート!倉敷ナンバープレート』。

って、

別に私が作ったわけではなく、

単にリポーターを務めさせていただいただけなのですが。

なんせ、

取材に4日間、計31時間30分(移動時間も含む)と

別にナレーション録りで今日、約4時間(準備時間含む)、

といった具合に、

私が携わった番組の中でもずば抜けて日数を費やした物で。

完成した瞬間は、もう

とにかく嬉しくて。

ディレクター兼カメラマン兼編集担当の記者さんと、

がっちり握手してバンザイで喜んじゃいました^^;

局の腕章付けて

民放・新聞各社と位置取りを争うような報道の現場にも行ったし、

ナンバー変更の手続きとプレートの付け替えも実際にしたし、

そうそう、

ちょっとだけテレビカメラを担がせてもらったり。

(撮影はしてません、当たり前ですが。重くてびっくりした)

編集にもちょこっと参加しました、BGM選びとか。

なんだか初めてのことだらけで。

他にも

導入エリアの4市2町をドライブしたり!

いろいろ体験できて

本当にとっても楽しかったです。

リポートの出来は、、、、 、

う~ん。

相変わらず改善の余地ありすぎですが。(オイオイ ーー# )

それでも何か

伝わるものがあるといいな。

ごく自然体で、

一生懸命取り組めたので。

お時間があればご覧ください、

28日(土)・29日(日)のKCTスペシャルです!

ちなみに

導入エリアの他のケーブルテレビ局でも

後日

放送されるそうです☆

追伸。

ちひろのともだち「やもりんさん」作曲の

2曲が登場するので、

是非チェックしてみてくださいね!

(矢掛本陣と田中美術館の紹介部分♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

御神輿をくぐる

午後、美観地区周辺に出かけました。

昨日と今日の二日間

本町・東町・美観地区一帯で開催の「倉敷屏風祭」。

今年で5回目となり、

随分と定着してきたお祭りです。

私は去年初めて出向くことができました。

今年もやっぱり

あの風情のある町並みが一層趣を増すのを見たくて、

時間が出来たので

気ままにふらりと行ってみました。

そうそう、

こうゆうさんのほほえみ屏風展もあるし。

一帯は、もうすごい人、人、人。

去年はちょうど雨で(初日)、

そこまで人出が多くなかったんですよね。

だから余計にびっくりしました。

でも不思議と

あんなにごったがえしているのに

そんなにせわしなさを感じずに見て回ることができたんです。

それがこの祭りの、

いや、

この町のすごいところかな。

芸術的なことは正直よく分からないけど、

見せ方とか、さりげない花のあしらい方とか、

いいもの見せていただきました^^

今年初体験!したことがありました。

阿智神社の御神幸。

(昨年は雨に加えて、これに出くわさなかったから

  人出が少ないと感じたんだと思う。

           行く先々黒山の人だかりだった)

屏風祭は、

この阿智神社の秋祭りに合わせて開催されているので、

千歳楽や御神幸が、屏風の飾られた通りを練り歩きます。

今年はちょうど

美観地区入り口で

その御神輿に出会ったのです。

急に人だかりが出現したので何事かと見やる先には、

白装束に身を包んだ若衆が担ぐ御神輿。

ちょうど停まっていたので

何が起こるのかとそのまま見守っていると、

威勢の良い掛け声と共に

担いだままぐるぐるとかなり勢い良く回り始め。

どよめきと共に、観衆から拍手が沸き起こる。

次に御神輿を高々と持ち上げて、

なにやら呼びかけ始めました。

どうやら、

その下をくぐることが出来るとのこと。

そうすることで御神徳がいただけるそうです。

どうぞ~という声に後押しされて

ゆるゆると人が動き始める。

「あ、くぐれるんだぁ」

私のつぶやきに、隣で見ていたおじさまが

「あんたもいってこられぇ、ええことがあるわ」とにっこり。

ということで

その波に乗って、御神輿の下をくぐってみました。

不思議な体験。

その一連の動きの中で印象的だったのは笑顔でした。

次々にくぐる人々の。

それを見守っている観衆も。

シャッターチャンスを狙うアマチュアカメラマン達も。

若衆も、息を切らしながら。

みんななんだか楽しくて

笑顔が自然にこぼれていました。

ちょっぴり切なかったのは、

そのあと

御神輿が駅前通りに向かって動き出すのを見送っていると、

さっきのおじさまが。

「何かいいことあるかな」

「おお、いい人が見つかるわぁ」って。

相手がいないと決めつけられてしまいました(><)

いいじゃない、一人で見に来たって!!!

・・・くすん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

リンスはどーれ?

今日は朝からの取材が終わって、

夕方の別の収録まで少し時間があったので

日帰り温泉施設に

癒されに出かけちゃいました^^

ちょうど友人から割引券を頂いたところだったので。

休日の午後、

沢山のお客様で賑わっていました。

やはり多かったのはご年配の方々。

んで

その中のお一人のおばあちゃまに突然話しかけられました。

洗い場で頭を流していると

「ちょっとあんたぁ・・・」

とすぐ脇で声が。

慌てて顔を上げるとちっちゃいおばあちゃんが立っていて、

「リンスはどれかなぁ?」

手には

洗い場に備え付けの<コンディショナー>のボトルが。

「リンスはこれのことですよ」

「あぁ、そうなんかな。これでええんかなぁ。

  いや~年寄りじゃからようわからんのよ、ありがとう」

「いいえ~」と言いつつ見送ると、

お仲間の元にトコトコ戻って

「リンスはこれじゃって」

「やっぱりそうかな~」

なんてやり取りが繰り広げられていました。

きっとおばあちゃん達は随分悩んだに違いない。

そこには同じ形のボトルが3つ並べられていて。

向かって左から

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ。

消去法でいくと

どうもこの<コンディショナー>がクサイけど、

聞いたことない言葉だから

もしかしたら全く違う用途のものかも。

どうしよう。

そんな葛藤が、

広い洗い場の遠くにいる私に訊ねるのに、

私の目の前にも置いてあるボトルを

わざわざ

持って行く、

という行動を起こさせたのでしょう。

その姿はなんだか微笑ましくもあり。

分からないからまあいいか、

ではなく

聞いてでもちゃんと<リンス>を使いたいと思う、その乙女心。

キシキシになっちゃうの、嫌だもんね。

幾つになっても

やっぱり女性は女性なんだなぁ、と

妙に感心してしまいました。

その後で。

変わらない乙女心と

常に変わり続ける世の中を想い、

ちょっと不思議な気持ちになってしまって。

そういえば

私が子供の頃は、

シャンプーの次にするものは<リンス>でした。

それがいつから

<コンディショナー>

に変わったのか。

今現在

<リンス イン シャンプー>以外の

単体の<リンス>って、あんまり聞かなくなりましたよね。

<コンディショナー>って

純粋に<リンス>の呼び名が変わっただけなのかしら。

それとも

実は<リンス>とは別物だったりするのかな?

そして

シャンプーの工程には更に<トリートメント>が加わって

いつの間にか

二段階から三段階に変わっていたりする。

いつからだったっけ?

と、

シャンプーひとつとっても

このありさま。

世の中のいろんな事や物が、移り変わっている。

随分沢山のことが変化しました。

町並みにしてもそう。

ケータイもパソコンも昔はなかった。

今は車に乗っていてもテレビが見られる時代。

ただ、

私が生まれてから30年かけて

様々なことを吸収しながら成長する中で体感してきた変化、

よりも

同じ30年でも

今日出逢ったおばあちゃん達のように、

成長しきって吸収しきってから押し寄せる変化についていく方が

どれだけかしんどいんじゃないかなと思う。

現に

いつの間にか登場していた<コンディショナー>を

何の疑問もなく受け入れていた私と、

戸惑いを隠せないおばあちゃんとが

そのことを物語っていますよね。

果たして

今から30年後、

私は世の中の変化にちゃんとついていけているだろうか。

「どれがリンス?」

全く他人事ではない気が・・・(v_v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

10月20日放送分

今回のほほえみ堂は

こうゆうさんの屏風を見に、はしまやさんにお邪魔しました!

先週の番組でもご案内しましたが

倉敷屏風祭に合わせ、

今年は14日から、

いつものはしまやさんの表、だけではなく

奥に新しく出来たギャラリーで、

屏風展を開催!

大小さまざまな屏風から、

土ほとけや色紙、と楽しめる展覧会です♪

今回は久々の外ロケ!

ってことで

なんだかみんなテンション上がり気味!?

米裕さんと私、二人のオープニングから

ちょっとワルノリ的な登場をしてしまい、

あとから登場のこうゆうさんまで・・・。

リハーサルで、

試しに、みたいな感じでやってみたのかと思いきや(ーー#)

ちひろ「え~っ、ほんとにするの~?」

ディレクター「はい5秒前、3・2・1」

米裕・ちひろ『どうも~♪・・・』

ディレクター「はいOK!」

ちひろ「え~っ、OK!?」

・・・

ま、こんなのもたまにはいいか^^;

スタジオはスタジオで

安定感もあり、いいなーと思うのですが。

外ロケは、やっぱり楽しい!

その

現場の雰囲気が伝わるといいなぁ。

そして

番組でもしっかり作品をご紹介しましたが、

やっぱりじかに見ていただきたい。

特に

表の、

八十八箇所霊場のご本尊さまを描いた屏風は必見です!

是非、

足を運んでみてくださいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

やっと

記事が投稿できるようになりました!

長~いメンテナンスが終わってさあ!と思ったら・・・

また障害が発生したらしく昨日もできませんでした。

でも、

これだけのシステムを運用していくのって

ほんと大変なんだろうから、

たまにはしょうがないのかな?

さあて、

明日からまたよろしくお願いいたします!

(なぜ今日からじゃないんだ?・・・まあまぁ^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

パソコンはムズカシイ

お休みです!

イエ~イ(^0^)v 久々のっ!!

ただ、

朝から精力的に動こうと思ってたけど、

さすがに気が抜けたのか

結局起きたら昼でした・・・。

まあ、よくあること。

それから少し遠出をして、

夕方からはパソコンと格闘してました。

友達にハガキが送りたくて、

でもこれっ!ていうのが見つからなかったから作っちゃえ、と。

お気に入りの写真を使って。

ただ画像をハガキにプリントするのは、

さすがにアナログ人間の私にもかろうじてできる。

それだけじゃつまんないから

言葉を入れたかったの。

でもどうも方法がよく分からない。

説明書もちんぷんかんぷん。

むむむ。

むむぅ~。

・・・

格闘すること1時間。

なんとか、

こんな感じ???

_  Photo_1  Fh000018_1

わりと、いい感じ♪

でもなんか違うんですよね~。

もっと文字の色とか変えられてもいいはず。

もっと、綺麗に出来ていいはず。

なんか、微妙に画質下がってますよね・・・?

むむ。

もっと使いこなせたらとっても便利なんだろうけどな。

パソコンは、ムズカシイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ご当地ナンバー

10月10日に、

倉敷ナンバープレートが、4市2町で導入されました!

KCTで特番を作ることになったらしく、

わたくし、リポーター役をつとめます♪

今日は10日の記念式典に引き続き、取材に出かけました。

詳しくは後日まとめて書きます。

とにかく

すっごく楽しいロケでした!

それにしても、

朝7時から出て、

帰社後すく別収録があり、終わったのが19時。

今日は、

ほんっとよく働きました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

10月13日放送分

秋です。

秋祭りの季節です。

そして倉敷屏風祭りの季節です。

こうゆうさんも毎年、『はしまや』さんで屏風を展示します。

ということで

今回は、屏風を描く!

屏風といっても大小様々ありますが、

大きな屏風はさてどうやって描くのか?

改めて考えるとわからないんですよね。

特に

こうゆうさんの「ほほえみほとけ」屏風は

沢山のほとけさまが描かれることも多い。

あんな大きなキャンパスに、まず下書きをするのか?

構図など頭でだけ考えて描けるのか?

謎です。

伺ってみると直接でなく、

別の紙に下書きをするのだそうです。

それを見ながら本番を描いていく。

その

いわゆるネタ帳が存在します。

これがスタッフみんなをニヤリとさせました。

なんと

子供さんが使っているような、

おえかきちょう

なんですよ。

表紙に可愛らしい動物のイラスト付き♪

しかもこのおえかきちょうにはトラップが!!

リハでカメラが回ってない時だったのですが、

こうゆうさんが

書いてあるものを説明しようと表紙をめくると、

なんとそこには

表紙と同じイラストの線画(塗り絵)がっ。

あのときのこうゆうさんの慌てようったら。

皆で大笑いして、

随分なごませていただきました^^

そんな

可愛らしいおえかきちょうに下絵を描いて

出来上がった屏風たちが展示されます。

10月14日~23日まで、

倉敷市東町の『はしまや』さんにて。

21・22日は屏風祭りです。

是非、

お出かけくださいませ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

息抜き

も、

たまには必要ですよね。

どうしたものか、

ここのところミョーに仕事が立て込んでいて

(もちろんありがたいと思ってます!!!)

今日で2週間、休みがない。

この状態があと数日続きます。

と、

言っても私の場合は会社員ではないので

日によっては2時間ほどしか働いてないことも、

もちろんあるんですが。

逆に10時間労働なんかもあって。

不規則な分、

ここ最近のように<丸々一日休み>の日がなかなか取れないと

かなりストレス。

で、

発散したくて、

今日の仕事終わりで強引にmaniちゃんを誘って

(彼女に逢うのもひと月ぶりです)

カフェに行ってきました。

訪れたのは、

岡山市のルネスホール内にある『公文庫カフェ』。

前から一度行ってみたかったんです。

しかも現在は、

以前ご紹介した(8月12日)

グラフィックデザイナー・池田 理寛さんの

個展の真っ最中!

ご案内を頂いていたので余計に気になっていました。

Photo_27 写真展 「秋の日」です。

彼の写真は、モノクロで切り取られた風景たち。

以前見せてもらった作品は白黒でしたが、

今回のは、

セピア?にしては茶色が薄いかな、

白黒?にしては黄色が強いかな、

・・・という淡い色遣いで。

どうやって撮影してるのか、かなり気になった。

また、

最初

全体を見渡して、少ないな、と思った。

もっと沢山の作品が見られると期待していたから。

でも腰を落ち着けてゆっくり眺めていると、

この空間には、

この枚数がベストなのだと分かった。

そして、

モノトーンで統一された

スタイリッシュでどこかクールな表情の店内にあって、

彼の作品たちは、

あたかも最初からそこに存在していたかのように、

浮きもせず、埋もれもせず、飾られていた。

お店のオーナーが、

インテリアとして自らの手で選び、飾りつけたように。

人が呼吸をするいとなみのようにごく自然に。

それは、

写真展、という域を超えて、そこに存在していた。

見事だなぁ。

これが、私達ふたりの共通意見でした。

平日の夜8時。

他にお客様はなく、

闇に沈む庭を見渡す店内で

Fh000010 (こちらは庭から公文庫カフェを望む)

静寂の中、

ゆっくりと

美味しいコーヒー(厳密にはキャラメルラテ)Fh000017_1

と池田君の写真を堪能しつつ

積もる話に花を咲かせ。

初めてのルネスホールにドキドキしながら

夜景撮影会だ!

なんて言いつつシャッターを切ったり。

Fh000011  Fh000015_1

(傍から見てるとかなり怪しかったかも!?)

わずかな時間だったけど

充分に息抜きができました^^v

期間が長いので、

今度は昼間に出かけてみようと思います!

きっとお店の雰囲気も昼と夜では違うだろうし、

新しい何かを感じられるような気がします。

みなさまも、

是非

お出j掛けになって見てください☆

Photo_26

池田理寛 写真展 「秋の日」

於 ルネスホール内 公文庫カフェ

    10月29日まで開催です!

          ※ 火曜日定休(祝日の場合はその翌日)

Fh000014_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

秋の色

今日はとっても良いお天気で。

嬉しいことではあるけれど。

日中取材でずっと屋外にいたんですが、

じっとしていても汗が伝うほど。

予想最高気温がかなり高めだったので

見越して

この時期にしてはかなり薄着をしていたにも関わらず、

効果なし。

一緒だった記者さんと、

「今日はランニングでいいね」なんて話しました。

ほんとに夏みたいだった。

バテました。

ので、

秋らしい写真をどうぞ。

Fh000015 Fh000009

9月24日に蒜山に出掛けた時の、

工房&ギャラリー『風と三日月』前のススキ。

やっと現像できました!

(9月25日の記事に、写真追加でUPしました。そちらもどうぞ)

今はもう、穂がもっとずっと開いてるんだろうな。

こちらは倉敷。KCT駐車場からの、雲。Fh000005

確か、10月2日。

あまりに空が美しくて、

向かう道すがら

早く着け、それまで消えないでと祈りながら車を走らせた。

思うように切り取ることは出来なかったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

秋の和みの一日プラン

のご提案が届きました♪

以前ご紹介した詩人・みごなごみ さんからです。

とっても素敵なプランです!

まずはコチラをどうぞ。クリックしてね ↓

_2_2 (背景の写真も素敵☆)

・・・というわけで、

10月28日(土)

午後3時~、『こども)ことば)あそび』(主に小学生対象。無料)

午後6時30分~、『おとな)ことば)なごみ』

              (参加費:ワンドリンク食事つき2500円)

があるんです。

勝山、といえばお雛祭りが有名ですが、

今回はその「勝山の雛祭り」のイメージで作った作品

『ななつだん』という詩も朗読されるそうです。

この『ななつだん』、

先日、

国民文化祭の朗読詩部門で山口県議長賞を受賞されたとか!

来月授賞式があり、

中原中也記念館で朗読を披露されるそうです。

それに先駆けて、

勝山のうえのだんでの朗読。

是非会場でお聴きいただきたいな^^

あぁ、私も行きたいっ(><)

・・・残念ながら仕事ゆえ。

泣く泣く諦めました。

なごみさんの声は

ときに繊細で、ときにあったかく、ときにセクシーで^^;

とにかく、

じんわりと心に届きます。

ざわざわしている気持ちも、すっと落ち着く感じ。

現在

声の聴けるブログ(http://www.voiceblog.jp/miminagomi/

を展開中ですが、

直に聴くとやっぱり違います。

どんな内容なのか、気になるところですが

足を伸ばす価値はあると思います!

是非、

癒されに

お出かけになってみませんか?

Photo_24

なお、

お手数ですが

ご参加の場合は前もって、

お越しいただく人数も含めて、

事務局に電話予約をお願いいたします(^0^)/

勝山文化往来館「ひしお」

     ℡ 0867-44-5880

ひしお事務局 加納さん

     ℡ 090-7509-6942

ひしお HP はコチラ→

        (http://www18.ocn.ne.jp/~hishio/index.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

鴻八幡宮例大祭

倉敷市児島下の町の『鴻八幡宮』の秋祭りが行われ、

KCTで生中継を行いました。

なんと11時間!

お祭り自体が伸びた場合は12時間くらいになることも。

驚異の長さです。

MCは、前後半に分かれていて、

私は前半組、3年目になります。

このお祭りは非常に奥が深くて伝統もあり。

最初の年は、

正直

いくら事前に勉強してもなにがなんだかわからなくて

あまり喋れなかったのですが。

3年目にしてようやくすこ~し、とっかかりをつかめてきたかなと^^;

相棒MCの男性アナウンサーとのコンビも3年目。

彼はもっともっと長くMCをしていることもあり、

安心して取り組めました。

琴浦地区の総氏神として1300年ほど前に創建された

鴻八幡宮。

その氏子町内から、

17基のだんじりとひとつの千歳楽が

参道を練り歩き

宮入りをします。

この参道が、砂の坂道。

斜度16度、80mの急坂を、

1tほどもあるだんじりを引く、とても勇壮なお祭りです。

その祭りに花を添えるまつりばやし「しゃぎり」。

江戸時代からおよそ200年の歴史を持ち、

譜面のない秘曲として地域ごとに受け継がれてきた

この「しゃぎり」が、

県の重要無形民俗文化財に指定されて、

今年で10年の節目を迎えました。

みんな、

よりいっそう気合いが入っています。

各地域ごとに、

青年部の結成も目立ち始めていて、

良い伝統を守りつつも、

着実に新しい時代へと進んでいる様子が、

今年は特に見受けられました。

前後半に分けても5時間半~6時間はMCをし続けるのですが

飽きることなく中継が出来るのが、

このおまつりのすごいところ。

様々なパフォーマンスが飛び出したり、

大迫力の練りがあったり。

しゃぎりの音色も美しくて。

とにかく、見ごたえはあります。

地元の方はもちろん、

県外からも沢山のだんじりファンが詰め掛けます。

まだご覧になったことのない方は、

是非来年、お出かけになってみてください^^

10月の第二土日(全だんじりの宮入が見られるのは日曜)です!

さあて、

まだまだお祭りは後半戦、

続いてます。

ここからは自宅のテレビで見守りたいと思います!

(すでに体力使い果たしてかなりしんどいので、

      途中で寝ちゃう可能性大ですがm(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

お月見♪

昨日はお月見、できましたか?

あいにく雲が多かったけれど、

今日の満月は、すっきりと空も晴れて本当にきれいですね!

Vfsh0007 (ベランダからの月。ケータイ撮影)

美しいものを見て心がなごんだところで、

明日早いのでもう寝ます。

KCT『鴻八幡宮例大祭』午前9時~、約12時間完全生中継!

前半に出ます。是非、ご覧ください^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

10月6日放送分

ごめんなさい更新おそくなりましたm(__)m

さて、今回のほほえみ堂は彩色についてお勉強なり☆

しかも

倉敷市民なら誰でも知ってる彩色方法、って。

みなさん、

分かります?

米裕さんはそのキーワードだけでピンときた様子。

私はこれっぽっちも思い当たる節がなくて。

倉敷市民なのに(汗)

答えは!

米裕さんの大大大好きな棟方志功先生の

「裏彩色」と呼ばれる技法、でした。

と、

言われてもまだピンと来ない私って・・・。

棟方志功氏の技法が裏彩色だということを、

まず知らなかったんです。

自分の無知に正直、凹みました(><)

情けな。

という訳で、

私にとっては初めて目にする彩色方法に釘付けでした。

だっていきなり、

無色透明の水を塗るんですよ!

これは、

呼び水、というか、

いきなり色を落とすと紙がびっくりするから、とか^^;

また、輪郭を滲ませる効果もあり。

しかも

そのあと裏返して色を落としていくなんて。

うわ~とか、へ~とか。

そんな言葉しか出てきませんでした。

う~ん、面白い。

これは、

水彩の色絵の具と和紙でしか出来ないってところがまた。

いいじゃないですか。

ほんと、

発想の転換って、必要ですね!

やわらか頭になれるよう頑張りま~す^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

父とともに

昨日今日と、実家に帰っておりました。

かつて

6年間通い続けた小学校の跡地に建つ、

すこやかセンター。

そこに、県内の中学校長が大集結!研修会がありました。

年に1回の持ち回り開催で、

今年はたまたま玉野。

しかもうちの父が実行委員長。

で、

娘の出番^^v

と相成りました。

子供の頃は

「何年何組の金盛さん」

でなく

「○○中学校の金盛先生の娘さん」

として

自分の学校の先生方に扱われるのが、嫌だった。

普通の中学生には必要のないその肩書きを

<背負わされている>

と、

感じていた。

でも今にして思う。

実は私は、

その肩書きに、父に、随分護られていたのではなかったかと。

そうして

いろいろなことを感じながら大きくなり、

私は今、ここにいる。

父を知るカメラマンに

『この親にして・・・』と言わしめたように、

確かにこの

人前で喋る、という才は、

父の遺伝子を受け継いだものだろう。

結果、

今日初めて

プロとして、仕事で父の役に立った。

そのことを素直に嬉しいと感じる自分がいて。

随分と大人になったものだ、

と、

ふと思った。

そんな父も今年で還暦。

今年度で、長い教員生活から退くことになる。

最後の大仕事の手伝いが出来たこと、

それに取り組む父の姿を間近に見られたこと、

ほんとによかった。

父にとって、

私は果たして自慢の娘に成長したのだろうか。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月 3日 (火)

絶対

悔しくて涙が出た。

いつか絶対に、

<このことはこの人でなければならない>存在に

なってみせる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

思い込み

些細なことですが、

日本語って難しい。

というより思い込みってすごい。

と思った。

「寒そうな格好してるね」

ナレーション録りに行って、

担当のカメラさんに開口一番言われた。

「でもこれ下はキャミなんでそんなに」

「だから」

「・・・あっ、そっちのイミか。これ薄いけどあったかいんです」

文字にすると

ただ私がとっても頭悪~い感じの会話ですが、

あとでいろんなことを考えさせられました^^;

今日の私の服装は、

黒いキャミソールにベージュのニットカーディガン、とジーンズ。

このロングカーディガンが、

編み目が少し荒いし薄手だけど

モヘアも入っていてかなり暖かい。

長めの毛がふわふわしてるし、

見た目にも着心地もまだ暑いかな~と思いつつ、

なんとなく着たかったので

インナーを軽くしたら丁度よかったんです。

だから、

最初の「寒そうな格好してるね」

が、

「寒そうにしているね」

つまり

「そんなに着込むほど寒いの?」

という意味に聴こえたんですね。

自分では少々厚着してしまったかなと考えていたので。

ところが相手の目には、

薄着、

に見えていたからそのまんまの意味だった、という・・・。

それだけの話なんですが、

へえって思いました。

自分が思ってるようにしか、

人は受け取ることができないんですね。

特に私はそうなのかもしれません。

気をつけないと。

あと、

もうひとつ思ったのは、

服装に関してこんな会話がなされるのって

季節の変わり目の今だから、

なんですよね。

これも、

だからなんてことない発見ですが、

季節が確実に移り変わってるんだな^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

甘~い!

調子に乗りました・・・。

しばらく甘いものはいりません(泣)

久々にお仕事の話。

今日は総社市に「れとろーど」の取材に行きました。

昭和の面影を随所に残した商店街(街道)一帯を舞台に

空き店舗などを利用して懐かしい佇まいを醸し出す店々。

初日から取材を続けるカメラマンさんに今日はお供して

リポートしてきました。

あいにくの雨でしたが、

一層風情が感じられてよかったです。

んで、

甘~い!(スピードワゴン口調)体験をしました。

胃がしんどいーー;

あちこち見て回る中で

学生さん達がオープンしたカフェで、

和風パフェを発見!

カメラさんと相談の挙句、

調子に乗って「ジャンボパフェ」なるものを注文。

・・・してしまったんです。

(もちろん取材です)

普通サイズの和風パフェは380円。

ジャンボパフェはなんと900円!

確実に倍以上はあることが値段からも分かります。

甘いものは得意な私ですが、

いざ注文してみると

「お一人で注文される方はいませんよ・・・?」とかなり心配顔。

プライベートなら絶対断念してますが、

カメラ回ってるし、そんな情けない姿をお見せするなんて。

ここで引き下がるわけにはっ!!

とヘンに意地を張ってほんとに注文してしまいました。

待つことしばし。

出てきたものを見た瞬間に、

「これはいくらなんでも無理でしょう」。

と冷静に心の中でつぶやきました。

だって、

高さ20センチ、直径10センチほどの計量カップに

ぎっしり、

どころか

ドカ~ンと超てんこもりのパフェ!

ロールケーキはのっかってるわ、

ようかんやわらびもちがトッピングされてるわで、

(ロールケーキもようかんも、その他全て手作りらしい)

大きさと中身に、

学生さん達の頭の柔軟さをしみじみ感じましたが。

(写真撮ればよかった!!)

でもこれがすごく美味しくて。

ようかんとクリーム・バニラアイスがあんなに合うなんて!

いろんな食感も味わえて、

飽きずにどんどん食べ進めることができました^^;

ただやはりあの量を一人で黙々と食べる図は

あまりにも珍しかった(奇妙だった?)ようで、

スタッフの男の子に証拠写真を撮られてしまいました・・・。

さてさて

結果は・・・?

見事完食!

と、

いきたいところでしたが。

やっぱり無理。

ぐったりするまでがんばって、

あとはカメラさんに手伝っていただきました。

ようかんの食感が良い!と絶賛しながら食べてましたね。

でも私ひとりで3分の2は食べましたよ!

スタッフの女の子がそれでも驚嘆してました^^;

もうね、

頭の中までぎっしり甘いのを

飲み物でゆっくり中和しないと動けなかったもん。

ヘンな表現だけどほんとそんな感じ。

やっぱり、

大きいものは、数人でワイワイつつくのが楽しくていいですね。

実感。

その後も

水あめ、お抹茶の前のあんこぎっしりのお饅頭。

と、

何故か甘いもの尽くしで。

(何度も言いますが取材です)

夕方帰るころには正直、キモチワルくなってました(v_v)

みなさんも、

甘いものは程ほどに^^v

でも沢山の方とふれあいが持てて、

今まで知らなかった総社の街を発見して。

(食べてばっかりじゃありません)

楽しい一日でした☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »