« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

おお、片付け(><)

今日はお休みです。

大、片付けをしました^^;

先日来の体調不良で

(ほんとにもう良くなりました、ありがとうございます)、

いつにも増して部屋が散らかってしまっているのを

見て見ぬフリをして放置していましたが、

さすがにしんどい。

週末に友達が来る、のもきっかけになって、ありがたいこと。

なかなか手がつけられないでいたのに、

ノッてくるとどんどん片付いていきます。

あれ~?こんなに片付けって簡単だったっけ・・・

とはいえかなり時間がかかり、

掃除は明日に持ち越しと相成りましたが、

何事も

勢いって大事なんだなあ、

と改めて思いました^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

虫の音とマリオネット

車の窓を開けて走るのが気持ちいい季節になりました。

お仕事帰り、夕方。

高梁川の土手道。

助手席の窓を全開にして、走る。

川辺橋を渡ったとたんに耳に飛び込んできたのは、

たくさんの虫の音。

エンジン音と、

それに負けないくらい大きな音でかけていたCDにも

かき消されること無く、

それらは不思議と真っ直ぐ耳に届くのです。

幾重にも層を成して

波が押し寄せるように、涼しげに、しっかりと。

そのときかけていたのは

「マリオネット」

http://www.asahi-net.or.jp/~qn7y-umi/home.htm

の『エクゾチカ・ドラマチカ』。

Photo_16

日本人唯一の本格的ポルトガルギター奏者・湯淺隆さんと

屈指のマンドリン奏者・吉田剛士さんによる

アコースティックユニット、

「マリオネット」。

先日芸文館でコンサートを行っていて、

そのコンサート開催に携わっていた知人に

今朝、借りたばかりだったのです。

ところが私は

ポルトガルギター、

というものが存在することすら初めて知った状態で

申し訳ないことに彼らを全く存知上げなかったのですが、

聴いてみると、これが良いんですよね~。

なんとも物悲しく、時に楽しげに、

心にすんなり届く調べ。

まさに<ノスタルジック>です。

その音色と

少しひんやりとし始めた風が運ぶ虫の音の

絶妙のコラボレーション。

夕暮れの川面。

静かに押し寄せる夜に急かされて家路を辿る

ヘッドライトの群れ。

あぁ、秋だ、

と、

妙にしみじみ思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

完成!

・・・したらしい。

ウェディング新聞が。

製作者のお友達からこっこちゃんちに納品されたと、

連絡がありました。

どんな出来なんだろう・・・ドキドキ☆

早く見たいなあ、と、カレンダーを見やると

もうあと5日じゃないの!!!

早~っ。・・・(汗)

しっかり体調整えて備えなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

ありがとうございました!

三日間の「ほほえみ堂まつり」、

大勢の皆様のご来場を頂き、無事に終了いたしました!

ほんとうにほんとうにありがとうございました。

心から、感謝申し上げます。

昨日も書きましたが、

今日のお客様も本当に熱心な方が多くて驚きました。

番組を愛してくださっている皆様に

チカラを、いただきましたね。

アンケートにも

嬉しいメッセージをいただきました。

また、

私にも親しくお声をかけてくださって、

お話を伺っていると、

こんな未熟者を

親のように、おじいちゃんおばあちゃんのように

見守ってくれているあったかさが伝わってきました。

よし、がんばろう!

と改めて思った三日間。

そして体調ですが、

最終日午後に来てくださったなごみお兄様を

「ぐったりかと思ったら、ものすごく元気だね(・・;)」

と拍子抜けさせるほどに回復いたしました。

こうゆうさんと3人でそのとき話したのですが、

三日間、

扇風機が細々と奮闘する暑い暑い蔵の中で

汗腺がおかしくなったんじゃないかと心配になる程

汗をかき続けたことがよかったのかも、と。

(今流行のデトックス効果!?)

冷房の全く無い空間に長時間居ることが最近なかったので

そのあたり、

やはり影響してたのかもしれません。

恐るべし、三宅商店。

・・・いやほんと、よかったです。ありがとうございました^^

あとがき。

Vfsh0087

役目を終え、我が家で余生を過ごすこととなった<怒>羅漢さん。

会場では

作者に似ている(!!!)という感想を複数の方にいただきました。

怒ってる中にも笑ってるように見えるよ、とか

雰囲気がほんわりしてて優しい顔だよ、

とか。

これって、えっと、褒められてるのかな・・・?(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

ありがとうございます

昨日は「行ってきます」で報告してませんでしたね。

失礼しました^^;

初日の昨日はオープン前から大勢の方がお越しくださいました。

びっくりするやら感激するやら。

ほんと嬉しかったです。

体調のほうも、

考慮してお昼過ぎには帰らせていただきましたが

なんとか大丈夫でした!

そして!!!

昨夜は結局熱は上がらず、

一週間ぶりに、

一度も夜中目覚めることなく朝までぐっすり寝られました。

「ちゃんと寝れる」のってこんなに、

体が楽なことだったんですね・・・。

相変わらずの頭痛が少し気になりますが、

今日は張り切っていくぞ!

今朝もオープン前からお越しくださる方が何人もいらっしゃって、

一日を通して

熱心な方がホントに多くて嬉しかったのですが

展示の見方を観察していても、

朝来られる方は特に、

熱心な方が多いなあ、という印象でした。

こちらもゆっくりと、

必要なだけご説明もさせていただいたり

お話を聴かせていただいたりしました。

そういった

普段触れ合うことのない、

視聴者の皆様や

たまたま覗いてくださった三宅商店のお客様との出逢いも

とてもありがたく嬉しいものでしたが、

今日は偶然、

個人的にも嬉しい出会いがふたつありました。

ひとつはピアニストやもりんさんと

朝ばったり美観地区の入り口で出逢った事。

いつも私を心配し、かわいがってくださる彼女。

以前声が出なくなってしまったとき

私を励ます曲を作ってくれた、優しいお姉様です。

前の日にブログを拝見して

しばらくお逢いできていないな、と思っていた矢先。

お仕事に行く途中との事で

あとで「ほほえみ堂まつり」の会場にも来てくれました。

そして

大学卒業以来、実に8年振りの友人と再会!

美作にいる彼女が、

この夏は大原美術館のイベントでボランティアをする

という連絡はもらっていたのですが具体的には教わっておらず、

それが今日と明日だったのです。

夕方突然「今日ヒマ?」とメールが来て

説明すると、顔を出してくれました。

8年振りの再会の第一声が、

お互い「変わってないな~!」。

ぷぷ。

顔を見合わせて笑っちゃいました。

その笑顔も変わりなく。なんだか安心。

はじめましての皆様や、

懐かしい顔に出会えたのも、

この番組があって、このまつりがあって、

この場所に居られたから。

心から、

様々な事や物や人に「ありがとうございます」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

お?

熱がない!

朝起きて一番に感動したこと。

でも次の瞬間、

頭いたーいっ(怒)

・・・

いままでで最高最強の頭痛に見舞われた朝。

血管マジで切れる寸前てこんななのかなと思った。

嬉しいやら悲しいやら。

とりあえず頭痛薬でおさまったので良しとします。

さて、今日から三日間、

ほほえみ堂まつりが開催されます!

なるべく長い時間会場に居て

皆様とお逢いしたいと考えていますが、

全ては体調次第。

熱だけでも下がってホントよかった(泣)

今後、上がりませんように・・・。

今日一日が勝負かな。

初日なので無理しないように、行ってきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月25日放送分

今回は

『高蔵寺 夏休み子ども寺子屋 密着第3弾(最終回)』!!!

いよいよクライマックス、変身の護摩修行。

実は私、この時本堂の中に居なかったんです。

写真係、という任務も、

あの真剣勝負の緊張感の中では遠慮すべし

というディレクター判断で。

(こうゆうさんのお父上には勧められましたが)

というわけで

あの間は表で聴こえてくる音や声に耳を傾け想像していました。

オンエアで初めて子ども達の表情を見て、

改めて

この寺子屋での様々な修行がこの子達に与えた影響の

その大きさを感じました。

あの日からもう1ヶ月経つけれど、

何か変化はあったかなぁ・・・?

さて、後半は、

今日から始まる「ほほえみ堂まつり」のご紹介!

寺子屋で子供たちが作った土仏も

きれいに焼きあがっていますよ^^

私の撮った写真も、

ディレクター、こうゆうさんのお父様のものと合わせて

ちゃんと展示してあります(ほっ^^;)

そのほか

我楽多図鑑のおっちゃんと杉本香子さんも一緒に製作した

曼荼羅と喜怒哀楽羅漢さん、

こうゆうさんが番組の中で「今週の言葉」として

紹介してきた色紙はもちろん、

実際番組で使っている道具や、

作画中の映像まで盛りだくさん!

そして!!!

今回番組でもご案内しましたが

ご来場いただいた際に

運よく(!)私達出演者と出会えた方には

ある言葉をキーワードに、

限定ハガキをプレゼントします!

・・・キーワード!?何それ?

番組を見られない方はお思いでしょうが、

(もしくはoni・TTC・矢掛放送でご覧の方も

  今週の放送が来週以降のため間に合いませんよね)

大丈夫です!

そのキーワードは

普通の方なら、

おそらくお帰りになる際に、

お見送りさせていただく私達に対しておっしゃっていただける、

と、思われるお言葉です。

もちろん、

同じその言葉を、

私達も心を込めて、熱心にご覧頂いたあなたに

贈らせていただきたいと思っています。

ありがとうございます、という気持ちを込めて。

交代しながらになるとは思いますが、

なるべく誰かは会場に居るようにしますので、

是非是非お時間のある方はお越しくださいませ。

スタッフ一同、お逢いできるのを楽しみに

お待ちしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

すれ違い

昨晩ありえない!と思うほど熱が上がり、

死ぬかと思った。

今朝も相変わらずで、しんどすぎてとうとう仕事を休みました。

情けない・・・。

と同時に、夜に大事な用があったのですが、

到底無理で断ったのです。

そのことで大切な友達と少し喧嘩をしてしまって。

ほんと情けない。

私が一緒に行けないことをあまりに不安がるので

一生懸命励ました言葉が、

彼女には「おんぶにだっこ」と私が感じているように思えたらしく

『心外だ』と。

哀しくなる。

そんなことこれっぽっちも思っていない。

逆だよ。

ほんとは私が居なくても出来る子だから、

そのことを思い出して欲しかっただけ。

自信持って欲しかっただけ。

「届かない」なら「想ってない」のと同じ。

曲解されるということは、

私の想いが真っ直ぐ彼女に届くほど強いものではなかったと

いうことなのでしょうか。

どんな想いで私が手伝いを申し出たのか、

それすら、届かないほど弱いものだったのでしょうか。

そうだとしたらとても哀しい。

でも、きっとこれこそ「自己満足」だったのかも。

だって、ほら届かなかった。

結局

消化不良のまま彼女との会話は打ち切られ。

一人悶々と過ごしました。

最初はやっぱり腹も立ったけど、

彼女を責めてもせん無い事。

自分の未熟さを反省しよう。

あぁ、体調が悪いときは思考回路まで病んでる。

不必要なことまで考えて凹むし。

早く、

はやく元気になるぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

搬入開始!

いよいよ「ほほえみ堂まつり」が今週末に迫ってまいりました。

と、いうことで今日はスタッフ総動員で

会場となる三宅商店さんに、作品の搬入を行いました!

・・・総動員、といっても

体調の関係でわたくしはあまり役に立ってませんでしたが。

(開催までには元気になります、ごめんなさい(涙))

みんなであれこれ言いながらどう展示するかを考えていって、

結果的に良いものが出来たと思います!

場所自体も素敵ですし、気に入りました☆

そして注目の我楽多コラボものや寺子屋でのもの、

すべてばっちり揃っていて安心しました。

ある意味ものすごく貴重です。ぜひご覧くださいませ。

ただし、

蔵なので少々暑いです。楽な格好でお越しくださいね!

ほほえみ堂まつり

8月25日(金) 11:30-17:30

8月26日(土) 11:00-17:30

8月27日(日) 11:00-16:00   

                於 三宅商店(倉敷市本町)

です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

まだまだでした

昨日の様子だと、

今朝には治ってるかな~?

・・・なんて甘い考えは脆くも崩れ、

朝、また熱が38度以上。うぅ。

のどの痛みも徐々に増えていて、

病院で咽頭炎と診断されました。

案の定。

「ほんとは喋らないほうがいいんだけどね」とおっしゃいますが、

先生!

仕事にならないんです・・・(泣)

薬が効いてるときは熱も落ち着いて

しんどさも消えるのですが。

非常に波があるようです。

さすがに午後から井原に行ったのは効きました。

向こうを出発するまではよかったけど

長い道のりがしんどすぎて、運転席にまっすぐ座っていられない。

ようよう帰宅いたしました。

寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

なんとか

昨日心配した収録でしたが

今朝オンエア見てみると、

・・・いたって普通に映ってました。よかった^^*

『いいとも』に杉山清貴が出て

「夏風邪は突然来るから分からない」と言っていた。

少しのどの調子が悪いな、と思いつつ始まったライヴ中に

いきなり声が出なくなって敢え無く中止になったとか。

ううむ。

私もかなぁ。

でも声は無事でほんとよかった。

おかげ様で

なんとかこの時間は熱、下がりました。

もう一日、警戒態勢で過ごします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

熱が~(><)

うぅ。

しんどい。うぅ。

熱だけでこんなにしんどい状態は暫くありませんでした。

たかだか38度なのに。

昨晩はおそらく39度近くあったと思います。

が、

上がってる最中はやっぱりしんどいけど

平熱が高いのと子供の頃しょっちゅう高熱出してたから、

基本的には熱に強い子に育ちまして。

安定したら38度なんてへっちゃら、だったのですが、、、

う~ん、どうしてだろう。

あと、

ゴハンも、熱あってもしんどくても普段は食べれるのに

今回はどうも食欲までない。

今日一日は、主食がアイスでした。

(友達こっこちゃんの差し入れ。(涙)

           サーティーワンのアイスサンド。美味。)

やっぱり、

これって夏バテ???

バテるほど夏を満喫してもいないというのに・・・(泣)

夕方収録があったのでようよう支度をして出かけました。

体が熱い。

関節が痛い。

駐車場から局までの5分の道のりが

果てしなく遠く感じました。

帰りは小雨まで降ってるし。

傘持ってないのに、もう最悪。

(幸い、ごくごく小雨だったので

         体の熱ですぐに雨は蒸発していきましたが)

まあ、しんどくても声が出てるうちは幸せと思おう。

まともに喋れないあの恐怖は、もう二度と味わいたくない。

ひとつ心配なのは

今日の収録、顔がやつれてなきゃいいけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

突然?

今日はお仕事が終わってから、

倉敷の友人宅に仲間が集結!

いいかげんみなさんも耳タコでしょうがもう暫くお付き合いください、

9月に結婚する友達(新たに命名・こっこちゃん)の

二次会のリハーサルでした^^v

詳しいことはこっこちゃんも見てるといけないので語れませんが、

最初二人で行き詰ってたことが、

三人になり、四人になっていく過程で

どんどん道が開けて来て、

うん、きっと上手くいくと、素直に思えました。

専門の式場で私も含めプロのスタッフがサポートに付く披露宴より、

素人の手でまったくゼロからスタートした二次会のほうが

なんか楽しみかも♪

たとえ失敗したって、

そこに心がこもってれば<失敗>ではないんだよね。

みんなで頑張っていこ(^0^)/

話はここで急展開。

その場に居た4人中、

私一人が途中から寒い寒いと訴えていたのですが

だんだん節々が痛くなってきました。

・・・かなりヤバイ気がする。

それでも随分遅くまで盛り上がって(夜分にすみませんでした)

帰宅して早速体温計を引っ張り出すと。

38.5度。

げ。

マジですか。

仕事中とか、いたって元気だったんですけど・・・なにゆえ?

とりあえず寝るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

8月18日放送分

高蔵寺「夏休みこども寺子屋」密着第二弾!

もう今回はあれこれ言うことはありません。

ご覧頂いた、子供たちの表情が全てを物語っています。

前半で地獄の鬼に扮した米裕さんが

今度は地獄の入り口にいる閻魔様になって登場。

(お供はやっぱりディレクター^^;)

こわ~い地獄のお話とともに、

子を想う母親のお話をしてくれました。

しみじみと、胸が熱くなるお話でした。

それを聴いているこども達。

何か、感じるものがあったかな?

私は相変わらずカメラマンに徹していましたが、

土仏を作るときにはカメラを置いて

米裕さんと一緒に、教えるお手伝いをしました。

個性豊かな作品の数々、

作業に取り組む姿も

見ていると、うふふ、と自然に顔がほころんでしまいます。

私にとっても

色々な意味で

非常に印象深い今回の収録となりました。

さて、

来週はいよいよ「ほほえみ堂まつり」開催となります!

8月25日(金)~27日(日)

倉敷市本町『三宅商店』さんにて開催!!

ぜひお越しくださいませ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

秋の・・・

仕事柄

「お盆休み」なるものは基本的にありませんが、

ブログのUPは勝手に「お盆休み」頂いてました(^^ゞ)

さて、

やと落ち着いて久しぶりにパソコンの前に座っています。

前後するけど、

これからなるべく思い出しつつ日々の記録を載せていきます。

さっき表へ出たら

嫌~な風が吹いていた。

台風が連れて来る風。

明日には10号が九州上陸とか。

ケータイの天気予報見たら、

明日の降水確率は100%。

うぇ~。

ここ数年は台風も少しおかしくて

時期がずれたりもしてるけど、

やっぱり台風が来る、と、秋だと感じる。

明日は荒れるぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

雲に乗る

タガログ語で<雲>を「alapaap(アラパープ)」というらしい。

そんな素敵な名前のお店、というかギャラリー?

にお邪魔しました。

入り口はちょっと初めてだと開けにくい感じだけど、

すっきりとした白を基調とした店内から望む海。

眺めが最高!

Photo_15

現在は

keiichi doi さんの『-cycle of life-』

が開かれています。

Doi

温かみのある木の椅子や、小物。

大きなオブジェまで、楽しめます。

この場所は

色々展示を行っているそうなのですが、基本的には

Tシャツのブランドを扱っているshopとか。

そのほか様々なジャンルの作家さんたちの作品も

常設展示販売されていて、

なんとも不思議な空間です。

よ~く探索していると面白い小物がちょこちょこあります。

まだ

全体像の掴めていない場所ですが、

妙に気になる感じ。

よくわかっていないので

なんとも中途半端なご紹介になりましたが

また行ってみようと強く思う場所でした^^

皆様も是非!

Photo_14

doiさんの作品展は、20日(日)までです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

懐かしの公園で

昨日から今日まで

実家に帰っておりました。

お墓参りと、近所に住むおばあちゃんちに行くのと、

帰省している4歳の姪・ヒナと遊ぶ為。

春以来ですが、さらによく喋る子になってました(汗)

こどもってどうしてあんなに元気なんでしょう。

眠くなると急激にパワーダウンするけど

それ以外の時間は常にテンション高っ(・・;)

ちーろ姉ちゃんは疲れました・・・(←単に体力なさ過ぎ)

あの子をとおして、

自分の子供のころにちょっとだけタイムスリップ。

歩いて行ける場所にこじんまりとした公園があるのですが

いつから行ってないのやら。

暑いからよそう、というみんなの反対をよそに

「ばぁばに買ってもらった三輪車で公園に行く!」

というので久々に(確実に15年は経ってると思う)出掛けました。

少し寂しかったのは、

もう近所の子供達はそんな場所で遊ばないのか、

それとも子供がいないのか。

がら~んとひと気が無く、

草は生え放題。

ブランコには大量のくもの巣が・・・。

でも、

そんなことはお構いなし、

ヒナは元気に走り回っていました。

遊具に次々とチャレンジしてから

ぽつんと咲いている小さい花を見つけたり、Fh000007_3

蝉の抜け殻を恐る恐る、かと思いきや結構豪快にわし掴み。

大きなバッタを追い掛け回してみたり。

お外で遊べる子なんだなあ、と安心しました。

Fh000008 (ママとぶらんこ。気持ちい~ぃ☆)

哀しいのは・・・

土曜日にじぃじとばぁばと海水浴に行ったというので聞いてみた。

「渋川どうだった?」

「面白かった♪」

「海は?」

「・・・・・・きたなかった。」

OH,NO~!!!

彼女の住む伊勢原の海はとっても綺麗なんだって。

やっぱりな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

写真三昧、ちょこっと花火。

今日はなんだか怒涛のように

一日でたくさんのことを体験しました。

かなり刺激を受けた日。

まずは

お昼に実家近くに住む友達のsa_yaを迎えに行った所から

今日が始まって。

結果的に彼女を半日連れ回しました^^;

目指すは岡山。

天神山文化プラザで開催のグループ展

『INDIVIDUAL  POSSIBILITY』へ。

(残念ながら13日(日)まで)

Photo_12

音楽、写真、彫刻、デザイン、ファッションなど

ジャンルを超えたクリエイターさんたち10人の作品展。

その中の

写真を展示していたグラフィックデザイナーさんと、

sa_yaと私が

先日知り合いになったご縁で、案内をいただいたんです。

メンバーは学生さんも多くて、

可能性をビシビシ感じる素敵な作品展でした。

一番お目当てのグラフィックデザイナーさんの写真は

本当に素敵で。

モノクロで

日常の当たり前の風景や、

思いも寄らない視点で切り取ってある空間。

時にはそれが、非日常、にも見えて面白い。

私の超素人作品も見てもらって

「光の入れ方が上手い」と褒めてもらっちゃった(^^*)

(これ。また調子に乗るぞv_v)→Fh020014

秋には個展を開く予定との事なので、

早めにご案内しま~す☆

続いてsa_yaと向かったのは、

『茶房 和三盆』。

ここで二人の女の子と待ち合わせ。

私の写真仲間のみやこさんとmaniちゃんです。

以前3人でプチツアーに行った英国熊山庭園の結果発表!

と、ともに

みやこさんの「kamimono」展を見る為に集結したのでした♪

(残念ながら今日まで。そんなのばっかり(汗)。)

Photo_13

sa_yaは二人とははじめましてだけど、

すんなり馴染んでてほっと一安心。

さっきのグループ展で

すっかり写真に興味を持ち始めていた彼女、

私達3人の

同じ場所でこうまで違うものが撮れるのか!具合に

興味深々。

毎回自分達でも驚くぐらいだからね。

そしてみやこさんの

今回はポストカード・レターセット・折り紙メモ・ミニBOOKなど

<紙物>を中心とした展示に、

「かわいい~」を連発。

ほのぼのワールドの虜になったようでした^^

今回の収穫、切って使うシールシート→Vfsh0086

さてさて、

すっかり夕方になり。

第三の目的地へ向かいます。

玉野の『WORP&Co.』で仕事帰りのsa_yaの旦那様と合流。

夜ゴハンがてら、

9月の結婚式の二次会の打ち合わせ。

sa_ya夫妻が幹事なのです。

その中でふと、

<近くのファーマーズマーケットで花火大会がある>

という情報(さっきの和三盆で仕入れた)を思い出したふたり。

ただ時間をまったく知らなくて。

もしかしたら見られるかもね、と軽~い気持ちで出発。

近づくにつれ、

路駐の車が目立つように。

もしかしたら丁度これからなのかな?

時計を見ると午後7時50分。

少し遠くに車を止め、期待を込めて待つこと10分・・・

どーん、ぱあっと大輪の花が開きました!

やった!!

Vfsh0085 (ケータイ撮影の限界?)

500発ということでわずか10分間だったけど

今年初めての花火に、3人とも大喜びでした☆

そのあとsa_yaのおうちに移動して

旦那様に今日一日を報告。

私の持ってた写真も見てもらっている内、彼もまた

「明日実家帰って古いカメラ探そう」

なんて。

愛カメさん片手にお出掛けする仲間が増えそうな予感^^v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

イナズマの乱舞

今日は所用で新見に出かけていたのですが、

夕方、帰りの高速で

「凄い」

としか言いようのない体験をしてしまいました。

午後3時半過ぎの、

突然の夕立。

ピンポン玉くらいありそうな大粒の雨が

山から吹き降ろす突風に乗って、

フロントガラスを激しく叩きつけはじめる。

それから

恐ろしく低く垂れ込めた黒い雲から膨大な数のイナズマが、

狂ったように何本も走って。

近くの山や、遠くの山。

中には

手が届きそうなほど近く、

助手席の窓を掠めて高架下に吸い込まれていく

幾筋ものまばゆい閃光。

それとほぼ同時に、

激しい雨音にもかき消されないくらい重く

どーん、という音が頭上から腹に響く。

まさに嵐の状態が20分ほど。

その中で

何十本のイナズマを見たのか。

わずか30秒ほどの間に5本を数えた時間もありました。

ありえない。

だってこれまで生きてきた30年間で記憶に残ってる

カミナリが落ちた瞬間なんて、

両手で足りる程しかない。

その歴史をこの一瞬で塗り替えた。

大袈裟で嘘っぽく聴こえるかもしれないけど、

全くの表現不足。

まだまだ言い足りないくらいなんです。

最初は恐怖で

ピカッと光るたびに肩をすくめていて。

それが暫く続くともう感覚がマヒしてだんだん面白くなり、

遂にはケータイを構えてみたけど

やっぱりそう都合よく狙った所に落ちる訳もなく

あえなく断念。

だんだん可笑しくさえなってきて。

感情があるかのように騒ぎ立てる豪雨と、

冷たく無機質な白い閃光の乱舞。

自然の驚異を目の当たりにして、なんだかもう訳がわかりません。

岡山インターを過ぎて

ようやく空が落ち着きを取り戻しつつある頃。

私の興奮も冷めるにしたがって

ぐったりと疲労感を覚え、連れに突っ込まれました。

いやもうただただ、凄かった。

こんなの初めて。

そして

嵐の中でひとつだけ冷静に思ったこと。

夏が、終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

8月11日放送分

こうゆうさんのお寺「高蔵寺」では、

毎年恒例、<夏休み子ども寺子屋>が行われます。

今回はその寺子屋に密着!

懸命に頑張るかわいい子ども達の様子をご覧ください^^

さて、ほほえみ堂メンバーは役割分担をして参加。

こうゆうさんはもちろん軸となり、

米裕さんは、子ども達にも分かりやすく

地獄の鬼に扮して登場。

(相棒はディレクター。スタッフ総動員^^;)

となると、

わたくし・ちひろは?

オープニングにも登場せず

黙々と、あることに取り組んでおりました。

・・・さて、この日の私の使命は。

じゃじゃん。

寺子屋の様子を写真におさめること!!!

今日は裏方に徹して、息遣いの伝わる写真を撮るのだ!

と、作業は地味ですがかなり、気合十分でした☆

集中しないといけない場面では

気が散らないように控えめに。

など気をつけながら

ファインダーを通して見る子ども達の表情は。

真剣そのものの子、真剣にしようと努めている子。

我が道を行く子。

休憩タイムに見せる無邪気な笑顔。

すべてがその子たちの本当で、

釘付けになりました。

そしていつもの番組とは違う、こうゆうさん・米裕さんの表情。

新鮮でした。

さて、出来上がりは如何に?

実は、

私の撮ったそれらの写真は、

「ほほえみ堂まつり」で、

展示する!

・・・と思います。(急に弱気)

えっと、

収録後ディレクターにフィルムを預けたので見てません。

果たして皆様にお見せできるものがちゃんと撮れているのか?

もしかするとこの企画自体が

何事もなかったかのように消えているかもしれません(v_v)

それも含めて、

ぜひ会場でお確かめください!

・・・って今年はこんなのばっかり(ーーメ)

ところで、

写真撮ってる人、もうひとり居ましたよね。

あの方は、

プロのカメラマンであるこうゆうさんのお父様です。

お父さんの撮影した写真は、

こちらでご覧いただけます↓

http://homepage.mac.com/koyuamano/PhotoAlbum21.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

まんまる

『見て見て、空!』

友達からメールが届く。

3箇所の窓からは発見できなくて、

駐車場へ。

一瞬方角が分からなくなってぐるり1周見回すと・・・あった!!

大きなまんまるお月様☆

Vfsh00792 (ケータイじゃ上手く撮れない。真ん中の光。)

やけに綺麗に、大きく輝いていました。

今日の月は、月齢14.9。

ウサギさんも見えた気がした。

あと1ヶ月、9月は十五夜。

十五夜が来ると、あぁもう秋だなあ、やっと秋だなあと思う。

でも、

そういえば昨日が立秋だったんですよね。

毎日暑いばかりで、

気配すらまだ感じられないというのに。

でも、んん、

目を凝らしていないだけなのかな?

明日から

小さな秋を見つけてみよう!

(気分だけでも涼しくならないかしら、という願いを込めて^^ゞ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ミッション!

ようやく『M:i:Ⅲ』を見に行きました!!

面白かった^^v

イーサン・ハント、カッコよすぎ!

ジュリアもカッコいい!!

美しくて、強くて、まっすぐで。

大切な人をどこまで信じることができるか。

受け入れることが出来るか。

う~ん、考えちゃいました。彼女すごい。

ストーリーは分かりやすくて、

アクションもハラハラドキドキでほんっと面白かった!

・・・と、興奮冷めやらぬ単純なわたくしでございます(^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

ウェディング新聞

というものに

寄稿を頼まれました。

きゃ☆

来月嫁に行く友人の披露宴で配るものを、

お友達が作ってくれるらしい。

Photo_10

いろいろみんな考えるなぁ。感心。

さて、

改めて何を書こうかと思案。

たくさんの出来事が思い出されて、悩んでしまいます。

私ってこういうことに悩み始めたらキリがないんですよね・・・

欲張りなので

あれも書きたいこれも書きたい、

って内にものすごい分量になってたり。

それだけ中身も濃いならいいんだけど^^;

土曜日が締め切りだそうなので、

しっかり悩むことにしま~す♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

いっそセレナーデ・・・?

夏です。

各地で「お祭り」が開催されていますね。

どこか、行きましたか?

ここ3年ほど、

夏祭りといえば仕事で参加、が続いています。

<出不精+人混みにもまれるのが苦手。でも夏祭り行きたい。>

という我が儘な私にはぴったり。

伝えなければ、という大変さはありますが

ありがたいことと、楽しくお仕事させていただいています^^

さて昨日はブログ、お休みして実家に帰っていました。

私の出身地でのお祭り(踊り大会)の収録。

昨年に続いて2回目でしたが、

今年は幸い収録の合間がちょくちょくあって

一息つきながらの撮影。

また

友人が踊っていたり、

その家族(ももちろん友人)が見に来ていて、差し入れがあったり。

休憩中、

父がデジカメ片手にやって来て他のスタッフにご挨拶、

なんて場面もあり。

割とリラックスして楽しく取り組むことが出来ました。

たくさんの人や事に感謝です♪

そう、

感謝といえば忘れてならないのが、

毎年MCさんの着付けをしてくださる踊り連があるんです。

今年もお世話になりました、『装道きもの学院』の先生方!!!

ほんとうにありがとうございました^^v

このグループはいつも帯の結び方を工夫されていて、

今年は<涼風(すずかぜ)>がテーマでした。

じゃあ私も同じくかしら・・・?と思っていたのですが、

実際着付けをしてくださったお若い先生が

渾身のチカラを込めて珍しい帯結びを作ってくださいました。

番組では残念ながらご紹介できなかったので

コチラを。→ Vfsh00703   Vfsh0073

実家の居間で無造作に撮った為

色悪いし背景がごちゃごちゃしててごめんなさい。

周りをカットしてもごまかせないのね(汗)

この結び方、なんと「セレナーデ」と

言うらしいです。

 セレナーデ【Serenade】

   ①夕べに、恋人の窓下で歌い奏でられる音楽。

     オペラのアリアや演奏会用歌曲にも取り入れられた。

   ②18世紀に発達した、娯楽的な性格の強い、

     多楽章の器楽合奏曲。夜曲。小夜曲。

     セレナード。セレナータ。

                     <大辞泉>

何で横文字なんだ・・・?

でも、素敵でしょ☆

Photo_11 (←影アナ中。隣の白い浴衣は相棒MCさん。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

明け方の空の下

昨日取材に伺った宝福寺さんでは、

明日、5日(土)まで

「暁天座禅」なるものが行われています。

ニュースなどで知ってはいて、

座禅は経験がないので

(昨日はこども達の様子を観察していたため実際にはしていない。

    一緒に体験していたとしても15分間のミニ座禅でした)

これも何かのご縁と、今朝、行って参りました。

<暁天>座禅、ですから、

夜が明けないうちから始まります。

午前4時半から受付開始。5時スタートで一時間。

案の定予定より少し遅く家を出て、

お寺に着いたのは4時50分。

受付をしているうちに、集まった方々は方丈の縁側から順に

座り始めていました。

いそいそと、

まだ薄暗く、すれ違う人の顔も定かには見えない廊下を抜け

腰を下ろします。

昨日の今日で

やっぱり座布団の上で格闘していたら、

和尚さんが来られて、片足だけでいいと案内くださいました。

なんとか体制を整えて深呼吸をひとつ。

すでに瞑想にふけっているかのような

前2列の人々の背中を見渡してから、

ゆっくりと

正面に広がる庭の景色に目を遣ると

すでに

空は白み始めていました。

今朝の岡山の日の出は5時16分。

蝉時雨に、時折響く鳥の声。

時折すうっと吹きこむひんやりとした風。

心地よいお香のにおいと

生き物のように

ゆっくりと身体をくねらせて立ちのぼる煙の向こうで

だんだんと

着実に明るさを増す世界が美しくて。

見入っているうちに

何故か涙が左の頬を伝い、

ぽとり、ぽとり、と

落ちました。

それからゆっくり目を閉じてみる。

何も考えず、感覚でこの空間を感じよう。

ところが慣れないせいか、

しばらくすると目を閉じていることが苦しくなって。

明るくなっていく様子を見たい、

という欲求が勝るのかもしれないけれど、

その後もしばらく目を閉じて、開けて、を繰り返していました。

どうしても雑念が頭から離れず。

昨日同じ場所で座禅をした子供たちの心情はどうだったろう、とか

あれこれ考えている自分にはっと気づいて

無にしようと勤めるのですが、

やはりしばらくするとまた、考え事をしている自分にはっと気づく。

片方しか上げていないのに、

足はどんどん重く痛くなっていくし。

今どのくらい時間が経っているのか。

途方もなく長いようにも、

まだほんの少ししか経っていないようにも感じられて

足の痛みの限界を心配し始めた頃、

拍子木の合図とともに、

和尚さん方が、

警策を持って、ゆっくりと歩き始めました。

その気配がとても大きな存在感を纏ってこちらに近づいてくる。

それまで穏やかに流れていた時間が

一瞬にして張り詰めたような気がしました。

そして、

誰か特定の人に向かってか、私達全員に対してか、

二度ほど

「動くな!」という大きくて太い叱責のお声が響きました。

そしてあちらこちらから

びしっ、びしっ、と鳴り響く音。

そうしているうちに

延々と続くと思われた時間は

後半はとても短く感じられ、

終了の合図と、

「合掌してください」という静かな声で、幕を閉じました。

初めて体験した感想。

全然ダメでした。

・・・一度や二度では、何も語れない。

まず座禅そのものに慣れていくのに

しばらく回を重ねないといけない気がします。

それから、心を落ち着かせることを覚え、

だんだんと型が出来て、徐々に深いところに

進んでいけるのではないかと。

(そう、やはりいずれはきちんと足が組めなければ)

参加者の多くは、

この五日間の「暁天座禅」に毎日参加している方が

多いようでした。

きっとそれを、

もう何年も重ねているのでしょう。

戸惑うばかりだった私とは明らかに違う落ち着きや

迷いのない動きをしている方が多く見受けられました。

大切なことですよね。

とはいえ、

参加したことが第一歩。

ほんの欠片でも何か身にはなったはず。

早朝の清冽な空間に身を置けただけでも

行ってよかったなあと素直に思います。

昨日のご住職は

こども達に優しいお顔を向けていましたが、

今朝は大人相手(中には子供さんもいましたが)、

少し厳しい表情でした。

でも

私を見つけてくださっていて、

終わってご挨拶にうかがうと、

「よう来られたなぁ」「また遊びにおいで」と、

やっぱり昨日と同じ優しいお顔で送ってくださいました。

明日は出向けそうにないけれど、

これで終わりにはしないようにしよう、と決意した朝でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月4日放送分

今回のほほえみ堂も

『我楽多図鑑』とコラボ!・後編をお送りします。

前回は曼荼羅。

今回は土ひねりです。

しかもひとり一体ずつ、

あわせて<喜・怒・哀・楽>の羅漢さん。

基本を教えていただいて、あとはせーので製作しました。

作る前に厳正なる抽選をした結果、

<喜>→米裕さん

<怒>→ちひろ

<哀>→おっちゃん

<楽>→杉本さん

・・・ということに。

<怒>を引き当てた瞬間、マズイ、と思いました。

怒りを表現する。

これまでも作画で、

例えば憤怒形のお不動さんを描く時に

「自らの内なる怒りをぶつけよ」と教えられながら、

どうも憤怒の表情が作れなくて

虚弱体質っぽいお不動さんになってばかりの私です。

それなのに<怒>。

困った。他のがよかったよう(泣)

でも作り始めてから

<喜>も<哀>も<楽>も、

ほんとうに見事に表現していくお三方の製作の様子を見るにつけ、

他のどれでも私には表現できなかっただろう・・・と

感じました。

つまりは、・・・え~っと、全部ダメってことかしら(ーー;)

う~ん、

もう悪あがきはやめて精一杯作るのみ。

最終的に出来上がった作品を見て

(良い悪いは別にして)いつになく思い切っている、と

おっしゃっていただいたのでOK!?

自分でもやりきった感はあります♪

でも

あれホントは、

顔の表情がイマイチ決まらなくて困っていると、

米裕さんがこっそりと

色々アドバイスしてくれたのです(^^*)v

米裕さん、ありがとうございましたぁ!

番組では完成した一つ一つの作品が

はっきり分からないかと思うので、

是非是非「ほほえみ堂まつり」にお越しいただいて

実際に見ていただきたいです!

ただ問題は、

ちゃんと焼けているのかどうか・・・?

私の、

途中で腕が取れそうな予感がしているんですよね(v_v)

そのあたりも含めて、

お楽しみに~~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

みんな出来る?

またひとつ、

「ツワモノぶり」を発揮してしまいました。

<座禅>。

みなさんきちんと足が組めますか???

今日は朝から

雪舟さんゆかりのお寺、井山宝福寺で、

こども達を集めて雪舟さんを感じてもらおう、という体験行事を取材。

画聖・雪舟にちなんで絵を描いたり、

お茶をたしなんだり、

食事の作法やお掃除。

こども達は真剣そのもので、

時にはこどもらしさを存分に発揮しながら様々な体験をしました。

もちろん

禅寺ゆえ座禅の時間があったのですが。

私は

足が片方しか組めないの(泣)。 

            ↑つまり「組めてない」(;_;)

特別に、

ご住職にマンツーマンで足の組み方から座り方、

警策で肩を叩いて頂く時の作法など教えていただいて、

あいたた・・・と呻きながらも

ようよう両足が両腿に乗ってまっすぐきちんと座れた!!!

・・・のですが、

そのままの状態で撮影の段取りを確認しているわずか1、2分が

持ちこたえられず(><)

足がツリかけて一旦崩させてもらい、再び挑戦したけど

もう組めなかったのです(泣)

(厳密には組めたけどどう頑張っても姿勢が斜めに(!)なる。)

カメラさんが妙に驚いて、

ご住職に

「この年頃の女性で足が組めない人っています?」と質問。

返ってきた答えは

「う~ん、あんまり見んなぁ。体が硬いんじゃろう(苦笑)」

・・・・・・(--;)

酢を。飲みます。酢を。

女性は組めない人の方が多いと信じて生きてきました。

あぁぁ・・・ 恥ずかしい。

ショックだぁ。

これまでにも何度となくチャレンジしてきてはいるのですが

どうもうまく行きません。

帰り道、カメラさんとの会話の半分はその話題。

挙句の果てには冗談で

「関節の骨の付き方が人と違うんじゃあ?」

なんて結論に達してしまいました(笑)

やれやれです(==)

でもまあ、何事も経験。

「出来ない」ということを知るのも。

それに、

かじるだけでも、

見てる分には分からないことを知ることは出来ます。

背中、

ほんっとに痛いんですね・・・。

これもやっていただいて初めてわかるjこと。

音がかなり大きいから

きっと音ほどは痛くないと予想していたのですが、

やっぱり音の分はしっかり痛い。

後を引くほどジンジンはしませんが。

その部分だけ急激に血行が良くなるのか、

少ししたら痒くなりました^^;

さて、

ちなみに悔しいので帰宅してからも練習していましたが・・・

今のところ、まだ出来ません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ひょんなことで

6月で無事任務を果たした

はず、の

井原市でのお仕事。

今日(今月)から再びお世話になることになりました☆

週2で半年。

また、のんびりドライブが始まります。

ひと月ぶりに行ってみると、

新入社員の女の子がつい先週キャスターデビューした、

とのことで、

照れくさそうに

「何が何だか分からないうちに終わってました・・・」

というその眼には、

でも先月までの不安でいっぱいの表情の中にも、

少しだけ

<自信>が」芽生えて来ているのが見て取れました。

よかったなぁ。

これから半年、

彼女の成長を、また見守ることができるのが嬉しいです。

私自身もあの子を通して

忘れてしまっているものや、改めて気づかされること、

たくさんあるから。

せっかく頂いたこの機会を無駄にしないよう、

精一杯やっていきます。

よろしくお願いします!

(井原市にお住まいのみなさん、icvでお逢いしましょう☆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »